日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

交渉メールで見た感じで決まること。

こんばんは。

たまには、
輸入ビジネスの交渉ネタです。

海外のセラーと交渉していて、
数をこなしていると、
返事が来た瞬間に、
相手先の反応が分かることがあります。

「おっ、これは反応がいいな」

とか

「あー、これはどうみてもダメだな」

とかですね。
もうほんと感覚の世界なんですが。

とくに、ダメなパターンですが、
文章を読んだり、
翻訳したりする前に、
もう、見た瞬間に分かることがあります。

ダメなパターンの
キラーワード的なものもあります。

例えば、

「can not(できません)」とか

「I’m sorry(ごめんなさい)」とか

「Unfortunately(不幸にも)」とか

ですね。

こういった
フレーズが文章の中にあった瞬間に、

「はい、終了」

と心の中で思ってしまいます。

もはや、

「Unfortunately(不幸にも)」

クラスのキラーワードになると、

「一撃で終了」

といった感じです。

交渉メールをたくさん
送ったことがある方は、
なんとなく分かってもらえるのでは、
ないでしょうか^^

逆に慣れてくると、
反応が良いときは、
このセラーはいけるかも、
といったことも、
なんとなく分かってきます。

ここら辺は、
ほんと経験や慣れといった
ことになるんですよね。

反応が悪いときは、
早めに見切りをつけて、
反応が良いときは、
粘り強く交渉するとよいですよね。

というわけで、
キラーワードについてでした^^
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
「勘」というのは、経験の中から生まれるのでしょうか。

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録