輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

交渉のときの仕入れる個数について。

   

 

こんばんは。

 

輸入ビジネスで、
取り引き先と、直接交渉して
仕入れようとしているとします。

 

それで、こちらから、

「何個買うので安くしてください」

といったように、

 

ボリュームディスカウントのパターンで
交渉を行ったときのケースです。

 

この場合のご質問で

「何個くらいで交渉するのがよいですか?」

とよく聞かれます。

 

この、個数というのは、
商品の単価によって変わってくるので、
どれが正解というわけではないんですよね。

 

たとえば、日本円で
1個10,000円の商品を仕入れるのと、
1個1,000円の商品を仕入れるのでは、
ボリュームディスカウントをする
個数も変わってきますよね。

 

コンサルティングのときは、
具体的にそのケースによって
アドバイスができますが、
なかなか明確な基準というのも
難しいんですよね^^

 

考え方としては、
こちらが相手の立場になったときに

「これぐらいなら、割引してもいいかなー」

というぐらいの量や
金額ということですね。

 

それと、あえて、
1つポイントをお話しできるとすれば、
できるだけキリの良い数字の方が
よいですね。

 

たとえば、7個とか8個とかよりも、
10個の方が分かりやすいし、
キリが良いですよね。

 

取引で、
10個仕入れるということは、
まだまだ買う量に余裕があるように
見えるというのもあるんですよね。

 

例えば、7個とかであれば、

「もうこれが
 いっぱいいっぱいなのかな」

と見られる可能性もありますよね^^

 

経験上、できるだけ、
こちら側の規模が大きく見えるように、
底が見えないようにした方が
取引がスムーズにいくように思えます。

 

だからといって、
ムリして多く買う必要もないので、
そこらへんはテスト仕入れしながら、
量を調整していってくださいね。

 

参考になれば、幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
言葉は違っても、共通していることもありますよね。

 

応援のクリックをよろしくお願いします。





 - 輸入ビジネス 交渉