輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

利益の出る商品、出ない商品。

   

 

こんばんは。

 

そういえば、
寒いのが苦手なのに、
冬は薄着のことがたまにあるので、
まわりの人に
突っ込まれることがあります。

 

ほっとけない性格とよく言われますが、
これもその一つなのでしょうか。

 

何かのときに備えて
防寒対策って、大事ですね^^

 

 

さてさて、なんとなく、
物販をはじめて月利10万円を
目指している方の
応援もしたくなりました。

 

私ごときが
人を応援する立場でもないのですが、
ほんとすみません。

 

ですので、今日も
基本的なお話をさせてください。

 

輸入ビジネスでも物販ビジネスでも、
よく儲かる商品という言葉が
使われますよね。

 

儲かる商品と、儲からない商品
といった使い方ですね。

 

たとえば、
日本と海外の価格差を見て、
価格差があって売れる商品であれば、
利益が出て、
儲かる商品ということになります。

 

これに加えて、
利益の出るタイミングの商品と、
利益の出ないタイミングの商品
という考え方もありますよね。

 

以前は利益が出ていたけど、
今は日本で値下がりして
利益が出なくなった。

 

反対に、
以前は利益が出なかったけど、
今は日本で値上がりして
利益が出るようになった。

 

こんな感じです。

 

商品の値段は、
需要と供給のバランスによったり、
夏や冬などの季節によったり、
それ以外の外的要因によったりで、
上下することが多いです。

 

ということは、
基本的に売れている商品は、
どんな商品でも、
タイミング次第では
利益の出る商品になりそうですよね。

 

Amazonであれば、
CAMELCAMELCAMELに登録したり。
eBayであれば、
GIXEN(ギクセン)に登録したり。

 

以前販売した商品を、
時間をおいてまたチェックしたり。

 

こんな考えもできますよね。

 

ですので、
今の価格差だけを見るのではなく、

もう少し高い目線で、
「タイミング」も意識してみると、
商品の見方も変わってくるかもしれませんよ。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
寒いときは、かき氷よりも、ホットコーヒーです。

 

ベスト3に瞬間的に入れました。いつもありがとうございます。





 - 輸入ビジネス