輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

交渉と担当者について。

   

 

こんばんは。

 

今日も雪が降っていました。
外を歩いたら、
犬が散歩していました。

 

それで、ふと思ったのが、
犬の肉球って
どうなってるんでしょうかね。
人間だったら、裸足ではとても
耐えられない冷たさのはずです。

 

ここで一句。

 

「肉球は、あつささむさに、耐えられる」

 

・・・

 

どうでもいい話で、
ほんっとすみません。

 

 

さてさて、
今月は最初から
スタートダッシュを
しています。

 

ほかの人が休んでいるときに
スタートする作戦です。

 

今月は、現在3、4社ほど
メーカーとの取引が決まりましたが、
引き続き後半もコツコツと
やっていきます。

 

ちょっとした交渉の話なんですが、
私の場合、交渉のときは、
相手の担当者を絞って
交渉するようにしています。

 

せっかく話が進んでいても、
途中で担当者が変わると、
また一からやり直し
になったりすることがありますからね。

 

相手先によっては、
担当者によって値段が変わったりします。

 

なので、
相手の担当者を決めて、
その方と話を
進めていくようにします。

 

イメージとしては、
メールのやり取りや、
電話のやり取りをする度に
仲良くなっていくイメージです。

 

そういえば、コンサルの受講者の方からたまに、
スカイプをする度に、

話すのが楽しくてやみつきになると
言っていただくことがありますが、
こちらはあまり意識していません^^

 

交渉の場合は、
長くなればなるほど時間がかかって、
手間がかかりますが、
その分うまくいく確率も高くなります。

 

なので、一長一短なんですよね。

 

というわけで、
今から交渉を始めてみようという方は、

相手と仲良くなるというイメージも
持ってみられるとよいかと思いますよ。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
雪のあとの、澄んだ感じの空気がけっこう好きです。

 

ランキングをここまで上げてもらいまして、ほんとありがとうございます。





 - 交渉, 未分類