輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

交渉の際に相手先にコンタクトするとき。

   

 

こんばんは。

 

昨日からコンサルティングなどで、
スカイプで話すぎて、
若干、のどが枯れております。

 

のどがあまり強くないようで、
これは、何かしらの
対策をした方がよいかもです。

 

のど飴なんかがいいんですかね。
なにかおすすめが
あったら教えてください^^

 

 

さてさて、
今日も交渉の基本的な
お話をさせてください。

 

輸入ビジネスで、
仕入れの際に
海外のセラーやメーカーに
価格交渉をしたいとします。

 

この場合、
メールでアプローチする場合に、
相手先のメールアドレスと、
コンタクトフォームが
両方のっているときがあります。

 

たまに、
「この場合、
どちらに送った方がいいんですか?」
と聞かれるのですが、

 

私はとくに、
こだわりはないんですよね^^

 

メールアドレスのほうが、
慣れているので、
自分で送る場合は、
そちらで送ることが多いですかね。

 

それで、それよりも大事なことは、
たとえば、
メールの方で連絡をして
相手から返事がなかったとします。

 

そのときに、どうしても
連絡が取りたい場合は、
コンタクトフォームの方でも、
連絡を取ってみるということです。

 

大事なのは、
細かいテクニックよりも、
こういった粘り強さのような
気持ちです。

 

期間をおいて、
また連絡することもできますし、
チャットなどで連絡できる場合もありますし、

電話をすることもできます。

 

どうしても連絡したい場合は、
こういった
粘り強さのような気持ちの方も、
大事なんですよね。

 

タイミング次第で、
相手からの反応が変わったり、
担当者が変わったり
することもあります。

 

というわけで、けっこう
シンプルなお話でしたが、
交渉の参考になれば幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
まだまだ寒いです。桜の季節が待ち遠しいです。

 

おかげさまで10位以内をキープしております。





 - 輸入ビジネス 交渉