輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

海外と交渉するときの量のこと。

   

 

こんばんは。

 

今日は一気に雪も解けて、
あたたくなりました。

 

ここのところ、
寒暖の差が激しいですね。

 

お互いに、体調管理には
気を付けていきましょうね。

 

 

さてさて、
ちょっとご質問があったので、
参考に共有させてもらいますね。

 

ご質問の内容としては、

「海外との取引先と交渉していて、
20フィートとか、40フィートとか
と言われたのですが、なんですか」

といった内容です。

 

これは、相手の方は
荷物の量のことを
言われているようです。

 

20フィートコンテナや
40フィートコンテナの
ことのようですね。

 

ちょっと大きさを
調べてみましたが、

20フィートコンテナ
長さ 約6m×幅 約2.4m×高さ 約2.6m

40フィートコンテナ
長さ 約12.2m×幅 約2.4m×高さ 約2.5m

とのことです。

 

メチャメチャ
大きな量ですよね。

 

とても初心者の方が、
最初の取引で行う
量ではありません。

 

ちなみに、
その方は一人暮らしで、

ご自分で納品を
しているそうです。

 

納品代行などを使わず
万が一、この荷物が、
一人暮らしの家に届いてしまったら、
とんでもないことになりますよね。

 

ここまではなくても、
メーカー取引などでは、
最小ロットが
50個とか100個とか
言われることも多いです。

 

ですが、
最初はテストしたいので、

少ない数で買いたいといえば、
けっこうな確率で応じてくれます。

 

テストして仕入れれば、
もし、失敗したときの
ダメージも少ないですからね。

 

ですので、何事においても
基本的な話ですが、
まずは最初はテスト販売をして、
そして、徐々に数を増やしていくことを
おすすめします^^

 

間違っても、一人暮らしの家に、
コンテナの量の商品が
届かないようにしましょう。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
一日に、どれだけの量が輸入されているのでしょうね。

 

いつもクリック、ありがとうございます!





 - 輸入ビジネス 交渉