輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

台湾の展示会に行ってきました。番外編2

      2016/10/15

 

こんばんは。

 

お約束どおり、
昨日の続きですね。

 

それで、バスの荒々しさに
頭がクラクラしながら、
九份(きゅうふん)に
到着しました。

 

山の上なのに、
なぜかそこだけ栄えています。

 

商店街のような街並みに、
飲食店やお土産物屋さんなど、
ぎっしりと立ち並んでいます。

 

活気がありますね。

 

しばらく歩くと、

 

すぐに道に迷いました。

 

ここは、迷わず現地の人に
道を尋ねました。

 

阿妹茶酒館 (アーメイ・ツァージョウグァン)
というお店に行きたかったので、道を尋ねたら、
なぜかその人たちに気に入られてしまいました。

 

なんと近くまで連れて行ってくれるとのこと。

 

ありがたい話です。

 

それで、無事到着しました。
2

ここは、本場の烏龍茶をいただきました。
香りが良くてほんと美味しいですね。
香りも一緒に飲むという感じでしょうか。

 

山のうえから、海の方の景色も見れるので、
景色も最高です。

 

私は昼に行ったのですが、
夜はこんな感じになるそうです。
3
山の上に、歴史のある街並みがあって、
不思議な空間でした。

 

自然と文化が調和した素敵な
ところですね。

 

最後に、話は変わりますが、
ディンタイフォン(鼎泰豐)というお店で、
小籠包をいただきました。

 

食事は庶民的なところにいって、
贅沢はしなかったのですが、

このときだけは、ミーハーなので、
有名なお店に行ってみました。

IMG_20160306_111042
皮がうすくて、上品です。
中には肉のうまみが、
ぎっしりと閉じ込められています。

 

まいりました。

 

小龍包は、日本のものとは味が違うらしいです。
本場の味に驚かされました。

 

まとめると、バスのたくましさと、
小龍包のすごさに、驚かさせれました。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
小龍包って誰が考えたんでしょうか。発明ですね。





 - 輸入ビジネス