輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

交渉のときと、そのときの流れ。

   

 

こんばんは。

 

あのー、なぜか、
熱が下がらないんですよね。

 

読者の方から、
温かいメッセージをいただきまして、
さっそくビタミンCを
補給してみることにしました。
ありがとうございます!

 

とりあえず、手頃そうな、
キウィを食べてみました。

 

理由は食べやすそうだったという
ことだけです。

 

それでは、
渾身のブログ更新となります。

 

この記事の途中で、
もし、例の「グーグルクローム事件」
が勃発した場合、
ショックで倒れるかもしれません。

 

 

さてさて、
こういったときは、
得意の輸入ビジネスの交渉ネタです。

 

これは、マニアックと思われるので、
普通ではあんまり
書きたくはないお話です。

 

海外の取引先と交渉していて、
調子が良くて、どんどん交渉が
成立するときがあります。

 

また、調子が悪くて、
なかなかよい条件で
決まらないときもあります。

 

それでなんですが、
私の場合、自分の調子が良くて、
流れが良いと思うときには、
いつもよりも強気の値段を
提示してみることがあります。

 

こういうときには、
勢いに乗って、
その値段がそのまま通ることも
多いです。

 

逆に、
なかなか良い条件が決まらないときは、
いつもより、

丁寧に慎重になりながら、
交渉を進めることが多いです。

 

何が言いたいかというと、
調子がいいときには、
その流れにのっていくという
ことですね。

 

たまたまかもしれませんが、
決まるときはどんどん
決まる流れがあるんですよね。

 

変な話ですが、商材を見ただけで
「これは、とれそうだなー」と思ったり、
相手からの返事が来たのを見たときに、
「うまくいきそうだなー」とか
分かることもあります。

 

コンサル受講者の方からも、
たまに
「今月はなぜか調子が
よくてどんどん決まります」

といったご報告もあります。

 

これも、もしかして、
その方の流れなのかもしれません。

 

もちろん、行動していなければ、
そういったものありませんので、
けっきょくは普段からの積み重ねという
地味なお話になってしまいますが。

 

例えば、単純転売のリサーチの得意な方は、
「今日はよく商品が見つかるなー」とか、
「今日はなかなか見つからないなー」とか
いうことないですかね。

 

どなたか
この気持ちが分かってくれる人がいたら、
うれしいですが、
私だけですかね。

 

というわけで、調子が良いときは、
その流れに乗ってみるというのも、
意識してみると、
結果もまた変わってくるかもですよ。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
「グーグルクローム事件」が起きなくて、良かったです。

 

クリックしてもらえるだけで、ありがたいです。





 - 輸入ビジネス 交渉