輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

小売り仕入れと卸仕入れについて。

   

 

こんばんは。

 

今日はホワイトデーですね。
もしかしたら、なにか、
お忘れではないでしょうか。

 

もうこの記事を読まれているときには、
間に合わない可能性が十分ありますが、
念のため、お知らせしておきます。

 

忘れていい日と、
忘れていけない日があるならば、
おそらく、後者の方になります。

 

ブログならではの
タイムリーな
お知らせでした。

 

 

さてさて、
輸入ビジネスにおいて
小売り仕入れと、
卸仕入れがあります。

 

小売り仕入れは、
単純転売ともいわれて、
AmazonやeBayから
仕入れるのが一般的ですね。

 

そして、卸入れの場合は、
メーカーや問屋、海外の販売店から、
まとめて買うことの
意味で使われています。

 

といっても、
あまり他の方のブログなどを
たくさん
見る方ではないので、
一般的な使い方と違うかもしれませんが。

 

それでなんですが、
小売り仕入れと、卸仕入れが
どちらがよいとか、よくないとか
そういうことではないです。

 

どちらにもメリット、
デメリットがあります。

 

まとめ買いすれば、確かに安くなりますが、
その分一つの商品に対する商品数が
増えますので、在庫リスクもありますし、
商品数も少なくなる傾向にあります。

 

交渉をするなら、
やっぱり外国人とのやりとりが
必要になりますので、
それが面倒に思われるなら、
無理してされなくてもよいかもしれません。

 

そのような方は、
小売り仕入れで、仕組化したり、
ツールを使ったりして、
効率的に行う方が
向いているかもしれません。

 

単純転売も個人規模であれば、
シンプルで分かりやすい
やり方ですからね。

 

また、外国人との取引が苦手なら、
国内のメーカーや代理店から
仕入れる方法もありますよね。

 

私は、もともと外国人と
やりとりをしたり、取引をしたりするのが、
楽しく思えるので、
やっぱりそちらの方が
向いているのかもしれません。

 

仕入れの仕方や、
販売方法を自分なりに考えて
工夫していくというのも
いつも意識しています。

 

なので、小売り仕入れと、
卸仕入れも、どちらもメリット、
デメリットがあるので、
ご自分の性格や長所も
考えながら進めていくのがよいでしょうね。

 

両方ともバランスよくやっていく方も、
いらっしゃいますからね。

 

時代の流れなのかもしれませんが、
いろんなやり方があるというのは、
選択肢があって、
ありがたいことですね。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
プロ野球も、いろんな球団があるので、応援もできます。

 

瞬間的に、ベスト3位に入れました^^





 - 輸入ビジネス