輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

グーグル翻訳を使っていますが。

   

 

こんばんは。

 

輸入ビジネスをして、
Google(グーグル)翻訳を
いつも使っています。

 

もはや、

 

愛用しています

 

といった方が
いいかもしれません。

 

それで、
最近思うことがあるんですが、
以前よりもどんどん
翻訳の精度が上がっている気がします。

 

日本語のところに文章を入れて
翻訳ボタンを押すと、
けっこうイメージしたとおりの
英文が出てくるんですよね。

 

昔は、
日本語のところに文章を入れて、
翻訳ボタンを押すと、
英語が話せない私でも、

 

 

さすがに、それはないでしょー

 

 

という英文が出てくることが
多かったんですよね。

 

ですが、それが最近
減ってきている気がします。

 

翻訳の精度がどんどん
良くなってきているようです。

 

それで、
グーグル翻訳を使うときのちょっとした
ポイントをお話ししますと、

 

なるべく一つの文章を短くする

 

ということです。

 

ふつうの英語なら、英字新聞のように
長い文章になりますが、
そうではなく
なるべく短いフレーズの文章に
して英文を作っていくということです。

 

そうすることで、
英文の順番も比較的に
きれいにイメージした文章が
できるということです。

 

極端な話、たとえば、
「私はオレンジが好きです」
といった文章なら
完璧に翻訳されますよね。

 

そして、短いフレーズの文章を
つなぎ合わせて、
メールを作っていくと、

相手にも伝わりやすくなります。

 

というわけで、
グーグル翻訳をつかうときの
ちょっとしたポイントでした。
参考になれば幸いです。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
だんだん、辞書を引くというのも減ってくるのでしょう。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^





 - 輸入ビジネス