交渉で仕入れるときの送付方法。

こんばんは。

輸入ビジネスで、
交渉でロット仕入れるときのお話です。

交渉でまとめて日本に送るときなんですが、
航空便の場合、MyUSなどの転送会社を使う方法と、
日本に直接送る方法があります。

ここで、どちらを選択するかですが、
アメリカからの仕入れの場合、
転送会社経由の送料と、
日本直送の送料を比較して、
安い方を選択します。

なので、数がかなり多い場合や、
重たい商品などは、
仕入先に、転送会社までの送料と、
日本直送の送料を尋ねるてみることです。

もし、二つの料金が
ほとんど変わらないのであれば、
そこまで急がないなら転送会社経由。
急ぎならば直送、という考え方もよいですね。

転送会社に送る場合は、
荷物の量が多いほど、
一つの荷物に対する
転送料金が安くなるためです。

一方、ヨーロッパの場合は、
基本直送になります。

これは、ヨーロッパの場合、
転送会社経由になると、
VAT(付加価値税)という税金が
かかるためです。

このVATがけっこうな金額になるので、
直送が基本になります。

というわけで、
基本どおりになりますが、
少しでも

安く仕入れて高く売る

ということですね。

仕入れのときに、
送料をどう考えるかは
とても大事ですので、
基本的な話ですが参考になれば幸いです^^

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
だいぶあったかくなってきました。もう春ですね。

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!

 ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録