輸入ビジネスの旅

輸入ビジネスの実践ブログ/日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

ラーメン屋さんでのちょっとした出来事。

   

 

こんばんは。

 

昨日、近くのラーメン屋さんに行ったら、
となりに男性の三人組が
座っていたんですよね。

 

それで、お酒もだいぶ進んでいるようで、
けっこう大きな声で
会話をされているんですよね。

 

状況で行くと、
L字型のカウンターなので、
こんな感じなんです。

 

——————-

大柄の男性   ●

真ん中の男性  ●

知的そうな男性 ●    私 ●

——————-

 

で、大柄の男性と、知的そうな男性が、
なにやら激論をされているんですよね。
(注意:ラーメン屋さんのカウンターです。)

 

かなり大きな声なので、
話がどうしても聞こえてくるのですが、
右足に重心とかそういう話で、
どうやらスポーツの話っぽいんですよ。

 

みなさん体格が良いし、腕が太いので、
ゴルフではなさそうだし、
格闘技系か、ラグビーかと
思っていたんですよね。

 

そうしたら、激論の中で
「そんなやり方では、子供たちに伝わらないよ!」
というセリフがあったので、
どうやら子供向けの
指導者の方のようなんです。

 

さらに、途中で、
「面を付けたときに・・・」
という話が出てきたので、

 

はい、ここで
完全に剣道確定じゃないですか。

 

剣道の子供たちの指導方法についての、
激論確定じゃないですか。

 

そして、激論がどんどん白熱していくので、
「これはもしかして、口論ではなく、
本物のバトルになるかもしれない」
と途中から警戒していたんですよね。
(注意:ラーメン屋さんのカウンターです。)

 

内容は、

 

大柄の男性「まずは、理論が分かっていないと説明できないよ!」

知的そうな男性「いやいや、まずは体で覚えさせて、
そのあとに理論を教えた方が、分かりやすいよ!」

 

といった内容です。

 

そして、激論が最高潮に盛り上がったときに、

 

大柄の男性「あなた言うこともわかるので、
これからはお互いのやり方で進めて、
結果を報告しあおう。」

 

知的そうな男性「うん、それはいい考えだ。」

 

と、一気に一件落着に
なったんですよね。

 

一気に解決されたんで、
けっこう驚きました。

 

見ていてひやひやしましたが、
こういう解決の仕方もあるんだなー
と思いながら見ていました。

 

やっぱり普通は、自分が正しいと思うので、
相手の意見をきちんと聞くというのも、
なかなか簡単なようで、
むずかしいですからね。

 

こういうケースは
なかなかお目にかかれないケースです。

 

でも、もっとビックリしたのが、
ラーメン屋のマスターが
眉一つ動かさず
いつもどおり料理を作っていたことです。

 

さすがです。

 

そして、この激論のお二人に
途中で私からどうしても

一言いいたかったことがあったんですよね。

 

それは、

 

 

たまには

「真ん中の男性」

にも話を振ってあげてください

 

 

ということです。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
謙虚さとは、かんたんなようで、なかなか難しいです。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^





 - 考え方など