売ったときに赤字が出たときは。

こんばんは。

スカイプ英会話で、
「きらいな食べ物はなんですか?」
と急に聞かれたんですが、
あまり好き嫌いがないので、
なかなかパッと思い浮かばないんですよね。

いろいろ考えた結果、くるしまぎれに、
「パクチー」
と答えたのですが、
「パクチーってなんですか?」
さらに、追い打ちの質問をいただきました。

説明がむずかしすぎます。

さてさて、
商品を販売して、
赤字になることもありますよね。

とくに、輸入ビジネスをはじめたころは、
よくあることですよね。

私の場合、最初のころは、
赤字の商品について、
なぜ赤字になったのかを
理由を考えてメモするようにしていました。

黒字の場合は、
利益が出ているのでそれでいいので、
赤字のところを特に見ていきます。

たとえば、「出品者が増えて値下がりした」とか
「一番高い値段で仕入れてしまった」とか
「一つ目は利益が出たが、二つ目が赤字になった」とか
「商品が傷ついていて、中古で販売した」とか
理由はほんとそれぞれです。

特に決まりはないので、
そのときの理由を考えて書いていきます。

こうすることで、
どういうときに赤字になりやすいか
だんだんと分かってきます。

赤字をまったくのゼロに
することはできませんが、
理由を分析することで、
失敗を減らして、
赤字を減らすことはできますよね。

そして、自分がなぜうまくいかなかったのかを
考えることで、
次のリサーチにもつながってきます。

ですので、とくに最初のころは、
赤字の商品をそのままにしておくのではなく、
なぜうまくいかなかったのかを、
ちょっと考えてみるのもよいですよ。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
嫌いな食べ物はなんですか?その理由はなんですか?

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録