輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

物販と確率についての話。

   

 

こんばんは。

 

いやーー、
暑いですねー

 

今日も軽く、30度オーバーですね。
お互いに体調管理に注意しましょう。

 

 

さてさて、
先日、コンサル受講者の方と、
パチンコの話になったんですよね。

 

それで、
その方は、パチンコが詳しいのですが、
そういった経験って
意外と役に立ったりするんですよね。

 

パチンコでも、パチスロでも、
ほんとに詳しい方は、すごく研究していて
どれくらいに1回は当たりがでるかを
入念に計算してされています。

 

そして、そのお店の特徴や
台の特徴などを調べて、
根拠があってから、
はじめられるんですよね。

 

当たりがでる確率を計算して、
お金が増える確率が高ければ、
その規則に従って、
規則的に回していかるんですよね。

 

たとえば、簡単に言うと、
100回に1回あたりがでるクジがあるとします。
そのクジは、1回に100円かかるとします。

 

そうすると、
100回チャレンジすると、
10000円かかりますよね。

 

それで、
あたったときに、
11000円もらえるとします。

 

これだと、
100回目で当たったとしても、
使ったお金は、10000円。
受け取ったお金は、11000円。
プラス1000円になりますよね。

 

もちろん、100回目で
当たりがでないこともありますが、
ずっと続けていれば、
確率的には100回に1回は当たりが出るので、
お金が増えるということになります。

 

こういった考えですよね。

 

パチンコをされている方は、
こうった考えが
もともとできますので、

それが物販にも応用できます。

 

たとえば、
一つの商品で、不良品があったり、
赤字があったりしたとします。

 

ですが、
100商品を仕入れたとしたら、
100商品のトータルで、
利益が出ていればよいという考えですね。

 

こういう考えができるようになると、
一個の商品の不良品について、
そこまで気にならなくなります。

 

(はい、そりゃー、
まったく気にならないわけではないです。)

 

ですので、
物販をはじめたら、
赤字を減らしていくのは大切ですが、
一つ一つの商品の赤字にこだわりすぎずに、
全体で利益を出していく考えも大切ですよね。

 

というわけで、
物販と確率についてのお話でした。
参考になれば幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
個人的には、ギャンブルはほとんどしないんです。

 

賭けごとで思わず、大きな声を出したことがある方は、クリックをどうぞ。





 - 輸入ビジネス