輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

利益は出ているけれど、お金が増えない場合。

   

 

こんばんは。

 

どうもまだ、
頭がボーとしています。

 

やはり朝方までの飲み会は、
体力的にこたえるようです。

 

運動不足もありますし、
もう少し、体も鍛えないと
いけませんね。

 

 

さてさて、
輸入ビジネスは
物販ビジネスですが、
もちろん利益管理は大事です。

 

それで、一般的に
利益と言われると、
粗利ベースのことを
言われることが多いです。

 

これは、
仕入れた商品があって、
それに対する利益がいくらあって、
それの合計ということですね。

 

それと、もう一つ
資金ベースの利益があります。
利益と言いますか、
現金がいくら増えたかということですね。

 

たとえば、月ベースで言えば
その月の売上による入金がいくらあって、
仕入れによる出金がいくらあって、
その差し引きでいくら現金が増えたか
ということになりますね。

 

これが、プラスであって、
経費も差し引いてもプラスであれば、
現金が先月より増えるということになります。

 

それで、よく聞くケースが
「毎月月利が10万円でているのですが、
なぜかお金が増えないんですよ」
という悩みですね。

 

これは、良く分かります。
私も最初のころはこんな感じで、
「ほんとにこれで、大丈夫なのか」
と不安に思っていました。

 

原因としては、
一つは仕入れの金額を増やしていっている
というケースですね。

 

たとえば、
先々月は30万円仕入れて、
先月は40万円仕入れて、
今月は50万円仕入れて、
といった具合です。

 

この場合、入ってくるお金はありますが、
出ていくお金も増えてしまうので、
よほど利益率や回転がよくないかぎり、
仕入れを増やしている間は
なかなか現金も増えにくいです。

 

次に、在庫が多いということですね。

 

仕入れの金額に対して、
在庫が多すぎると、
その分、資金が在庫に変わってしまっているので、
お金は増えにくくなります。

 

あとは、商品の回転が遅いということですね。

 

在庫が多いというのにも、関係していますが、
すぐに売れない商品が多いと、
資金がうまく回らずに、
キャッシュフローも厳しくなります。

 

簡単に言うと、
こんな感じでしょうか。

 

ですので、利益が出ているけれど、
通帳のお金が増えてないんだよなー
という方は、この辺りを
チェックしてみるとよいですよ。

 

参考になれば幸いです。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
あまりお酒は強くないので、二日酔いは大丈夫です。

 

↓なぜかランキングが上がりました。ありがとうございます^^





 - 輸入ビジネス