輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

なかなか月利10万円が達成できないときは。

   

 

こんばんは。

 

そういえば、
この前の懇親会ではじめて会った方に、
「ブログの似顔絵、笑ったところが、
けっこう似ていますね」
と言われました。

 

ど、どうも、
ありがとうございます。

 

昔から、絵心が全くないので、
絵をほめられたことが
一度もありません。

 

学校で絵をかくときは、
まずは、右端に「太陽」を書いて
スペースを埋めるタイプの子供でした。

 

あとは、
人形のような人を並べて書いて、
「ハイ出来上がり」という
まったく絵心のなさです。

 

ドラえもんの
絵を書いてみようものなら、

そうとうな画伯ぶりを発揮します。

 

 

さてさて、
輸入ビジネスをはじめて、
「何度か転送してみたけれど、
なかなか利益が伸びない」
という方もいるかもしれません。

 

仕入れたものが、
転送して日本についたら、
値崩れしていて利益が出ない。
または、売れなくて赤字になる。
といったパターンですね。

 

はい、そうですねー
これも分かります。

 

この場合、
シンプルな方法としては、

 

「とにかく、リサーチをがんばる」

 

ということになります。

 

輸入ビジネスをはじめて、
規模が大きくなってくると、
ほんとやることが多くなってきます。

 

リサーチだけではなく、
仕入れ先との交渉、普段のやりとり、
新規登録、
商品在庫管理、
パートナーさんとの対応。

 

販路も、Amazonだけではなく、
楽天、ヤフー、ヤフオク、
ネットショップと増えてくると、
それの管理も大変になります。

 

こうなってくると
お客さま対応、各種イベント対応、
リピーター戦略、購入率アップ対策、
検索対策なども出てきます。

 

また、経営的なことが出てくれば、
会計処理、資金管理、税務、法務と
ほかの仕事もでてきます。

 

ですが、最初のころは、まずは、

 

「利益の出る商品を見つける」

 

ということでよいんですよね。

 

ほんとに、
やることはシンプルなんです。

 

色々と悩んでいたら、
話が複雑になってきますが、

まずは、たくさんリサーチして、
良い商品を仕入れるということに
集中するとよいですよね。

 

考えすぎていると、
肝心な作業量が減ってしまいます。

 

まずは、作業量です。

 

だれでもできるようなシンプルなことを、
だれにでも簡単にはできないくらいの
作業をこなせば、
自然と結果は出てきそうですよね。

 

作業量が足りないと、
商品が仕入れられません。

 

商品が仕入れられないと、
すぐに転送ができません。

すぐに転送ができないと、値崩れしてしまいます。
そうなると、
不安になって作業量がまた減ってしまいます。

 

この悪循環にならないように、
好循環にもっていくとよいですよね。

 

たくさんリサーチして、
良い商品を仕入れて、
転送して、すぐに販売する。

 

こうなってくると、
今度は好循環になりそうですよね^^

 

というわけで、
まずは、リサーチということで
いかがでしょうか。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
数をこなすと、自然にうまくなってくることも多いです。

 

いつも押してくださる方、ほんとありがとうございます。





 - 輸入ビジネス