輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

どんなに時間を使っても、利益が伸びないとき。

   

 

こんばんは。

 

日に日に日が暮れるのが、
はやくなってきました。

 

早いもので、
もう秋ですねー
あっという間に年末が来そうです。

 

 

さてさて
なにかの物販ビジネスをはじめて、
最初は新鮮な気持ちで、
リサーチや販売作業を
行っていったとします。

 

それで、やり方が分かってきて、
利益が出てきたら、
どんどん量を増やして
さらに利益を伸ばそうとしますよね。

 

そして、もっと利益が出たら、
今度は独立して
専業になりたいと思う方も

いらっしゃるかもしれません。

 

もちろん、
副業でバランスよくビジネスを
続けていくのも良い選択肢ですので、
それを選べるのも
自分でビジネスをする良いところですよね。

 

それでなんですが、
たとえば、副業時代に、
月利20万円から30万円くらいの
利益があったとします。

 

そうすると、
専業になって
倍作業をしたら単純に

利益も倍になりそうですよね。

 

たしかにその考え方も
一理あるのですが、
やってみると、
計算どおりにならないこともあります。

 

何も考えずに、
「ただ2倍すれば、2倍いくでしょ」
と思っていると、
なかなか伸びないで
「あれ??」と思うかもしれません。

 

これは何でそうなるかというと、
もしかしたら

頭を使うのが足りないという
可能性もあります。

 

単純に手を動かしていて、
頭を使っていなかったら、
他の人と同じようなやり方になって、
競争になって、
最終的に利益も残りにくくなります。

 

なのでどうやって
他の人と比べて、違いを出すのか、
自分はどのような戦略でいくのか、
自分の長所はなんなのか、
こういったことを考える必要があります。

 

例えば、花屋さんだとしても
ただ花を仕入れてきて、
ただ花を並べていても、
なかなかむずかしいですよね。

 

それで朝から晩まで
休みなく、
お店を開いていたとします。

 

それでも、
お客さまがこなかったら、

どんなにお店を開けていても
同じことです。

 

どんなにがんばっていても、
結果が伴わなければ、
報われませんよね。

 

がんばってお店を開いていたら、
「お客さんもきっと来てくれるだろう」
という考えでは
お客さんも増えそうにないですよね。

 

たとえばなんですが、
お店の名前はどうなのか。
聞いたときの響きはどうなのか。

お店の看板の色や形はどうなのか。

 

花の種類はどうなのか。
季節感、価格設定は。
周辺の住民の方や

通りの客層にあっているのか。

 

高級住宅地と、
お店が多いところでは
お花を並べる内容も
変わってきそうですよね。

 

周りのお店で花を定期的に
置いてくれるところはないか。

 

逆に、
普段は花を置かないようなところに、

花を置くのを提案してみたらどうか。

 

集客はどうやってするのか、
お店に清潔感はあるのか。
接客はどうなのか。
スタッフの挨拶はきちんとできているか。

 

花の並べ方はどうなのか。
お客さまがお店に入ってから、

レジまでの動線はどうなっているのか。
リピート戦略は考えているか。

 

どういった方をターゲットにするのか。
他の人気店はなぜ流行っているのか。

自分のお店の強みは何なのか。
技術や知識は足りているのか。

 

 

私は素人なので、
花屋さんのことは

何も分かりませんが、
考えたらいろいろと
出てきそうですよね。

 

戦略があれば、
それにそった行動が
できてきますよね。

 

戦略によって
結果も変わってきますし、

うまく戦略が回りはじめれば
自然と他との差別化
にもつながっていきます。

 

頭を使うというと
なかなかむずかしくて、
後回しになりがちですが、
とても大事なんですよね。

 

それと、いつも考えていれば、
だんだんと考える力も
ついてきますので、
これも慣れというのもあります^^

 

なので、かなり作業をがんばっていて
「これ以上、どうすればいいんだろう??」
という場合は、ちょっと時間を作って
ゆっくり自分のビジネスを

考えてみるのもよいのではないでしょうか。

 

考えていたつもりが、
もうちょっと考えると
周りの景色が変わってくるかもですよ^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
昔、頭の体操という本があって、けっこう好きでした。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^





 - 輸入ビジネス