輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

輸入ビジネスでたまにあるラッキーな話。

   

こんばんは。

最近寒い日が続いていますね。

お互いに風邪には注意しましょうね。

さてさて、
タイトルの輸入ビジネスでたまにある
ラッキーな話です。

これは、
大したお話ではないのですが、
例えば、セラーから送ってきた商品が
多少傷がついていたとします。

その場合は、

・中古で出品する。

・あきらめる。

・セラーに返品して返金してもらう。

などの対応があります。

私の場合、
たいてい、セラーに話して、
一部返金などの交渉します。

セラーに返品して返金してもらっても、
返送する送料がかえって高くつくので、
このようにすることが多いです。

で、
なんですが。

たまーに、
セラーによっては、
返品しなくても良いので、
新しい商品を送ってくれる方もいます。

もちろんこちらかも、
傷がついた商品の写真などの
証拠を送ります。

この場合だと、
傷がついた商品がそのまま残って、
新しい商品も仕入れることとなりますよね。

そして、
傷の商品をヤフオクで販売できれば、
商品代は仕入金額なしで、
売れたことになります。

二粒で二度おいしい話です。

相手のセラーは、
親切なのか、
面倒なのかはよく分かりませんが、
このケースの場合は、
ほんとラッキーですよね。

商品代が高いときなどは、
特にラッキーですね。

なので、
とりあえず、傷がついたり、
不良品だったりするときには、
まずセラーに連絡してみるとよいです。

毎回はうまくいくこともないですが、
思わぬ対応をもらえることもあります。

参考になれば、幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
言ってみると、意外にOKをもらえることもあります。





 - 輸入ビジネス