輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

転送するか直送するかを悩むときは。

   

 

こんばんは。

 

昨日、MyUSの
お話をさせていただきましたが、
その関係でご質問をいただきましたので、
せっかくのなので、
ブログでもお話しさせてください。

 

ご質問の内容は、
「アメリカから仕入れるときに、
MyUSで転送した方が安いか、
直送した方が安いか、どう判断するとよいですか?」
といったご質問です。

 

なるほどですねー

 

これは、
たしかに疑問ですよね。

 

この場合、
私がやるやり方として、
交渉して海外のメーカーや問屋さんから
まとめて商品を輸入するとします。

 

そのときに、その相手先のメーカーやショップに、
「フロリダのMyUSまでの送料」

「日本に直送したときの送料」
を両方尋ねてみるというやり方です。

 

それで、安い方を使うという方法です。

 

この方が、分かりやすいですよね。

 

たとえば、
「商品を何個以上買ったら直送の方が安い」
といった目安があればよいですが
商品の大きさや重さによって
変わってくるんですよね。

 

また、その相手の取引先の
運送会社との条件によっても
値段が変わってきます。

 

なので、
実際に比較してみることを

おススメします。

 

そして、
もし比較した値段があまり変わらなければ、
直送の場合の料金が
もう少し安くできないかを考えてみます。

 

相手先に頼んで
他の運送会社の見積もりを
もらってもらうという方法もあります。

 

分かりやすく言えば、
相手方にお願いして
相見積もりをもらってもらう
ということですね。

 

また、ロットを積む商品であれば、
航空便ではなく、船便の
値段を聞いてみるのも方法の一つです。

 

ほかにもこちらから、
輸入してくれる業者(フォワーダー)
を探して見積もりを
もらうという方法もあります。

 

ほかにももう少しありますが、
この辺でやめておきます^^

 

まあ簡単にいうと、
少しでも安い方法を探す
ということですね。

 

仕入れ価格も大事ですが、
送料を安くするというのも、
他の業者との差別化につながります。

 

一つだけの方向だけでなく、
いろんな方向から見てみると、
アイデアも浮かんできそうですよね^^
参考になれば幸いです。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
送料一つにとっても、工夫するところはあるようです。

 

昨日、「MyUSにやられた方」にクリックのお願いをしたら、
急にランキングが上がったようです。やられた方が多いようです^^





 - 輸入ビジネス