輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

海外との電話交渉、三者通話について。

   

 

こんばんは。

 

Amazonから、
「Amazon Business 出品プログラム 開始のご案内」
というタイトルのメールが
届いていましたが、
ご覧になりましたでしょうか??

 

Amazon販売において、
法人や個人事業主向けのお客さま向けに
商品を販売できるプログラムだそうです。

 

「Amazon Business 出品プログラム 開始のご案内」
というところから、登録すれば
ほんとすぐに登録できますので、
まだの方は、一度ご確認されてくださいね^^

 

 

 

さてさて、
海外の取引先との電話交渉について
ご質問をいただきましたので、
ブログでも
ちょっとお話しさせてください。

 

内容は、
「自分が通訳さんと一緒に
交渉に入るときは、
ある程度、話を詰めておいて方がよいですか?」
というご質問です。

 

おーーー
これは、
レベルの高いご質問ですねー!

 

 

はい、そうですねー
私の考えでは、
おっしゃるとおりですね。

 

ある程度、
メールの段階で話を詰めておいて、
最後にもう一押しほしいところで、
電話をかけて交渉に入ると
より効果的です。

 

この場合、
通訳さんと一緒にスカイプを使って
電話するので、
3者通話ということになります。

 

ポイントとして、
自分の気持ち的には、
あくまでも
「貿易会社の社長」
という気持ちで交渉するとよいですね。

 

こちらが
個人ビジネス規模でやっていたとしても、

顔の見えない外国人の方からは
そんなことは分かりません。

 

日本からわざわざ
通訳さんと一緒に交渉してくるので、
スタッフもかかえた

それなりの規模の会社が電話してきたんだろう
と思うはずですね。

 

なので、こちらも
そのテンションでいった方が、
話がスムーズになります。

 

たしかに不安な気持ちは
よく分かります。

 

「でも、私は交渉に慣れていないし」

「でも、家で一人でビジネスしてるし」

「でも、私はそんなに規模も大きくないし」

 

といった気持ちになるかもしれません。
分かります。分かります。

 

ですが、そんな言い訳は
相手先にとっては
なにも関係がありませんよね^^

 

なので、
緊張するかもしれませんが、
やる以上は、中途半端にせずに
こちらもきちんとした気持ちで

交渉に臨むとよいです。

 

これは、
海外の展示会に行ったときも
同じです。

 

分かりやすくいうと、
気持ちの問題ということですね^^

 

あと、テクニック的なポイントとしては、
事前に「こう聞かれたら、こう答える」
といったシミュレーションをしておくことです。

 

さきほども、
お話ししましたが、

こちらが代表権のある社長であるとすれば、
相手から何か聞かれたときに、

 

「え、、、そ、それはちょっと待ってください。」

 

とか

 

「あー、そ、それは考えさせてください。」

 

といって答えていたら、
相手先も不安になりますよね。

 

なので、ある程度の
上限のロットや、種類、単価などを
事前に決めておいて
交渉に入るとよいです。

 

切り返しのパターンも
いくつか用意しておきます。

 

以前、仕入れ先を増やしていたときは、
自分でも通訳さんと一緒に
どんどん交渉していました。

 

毎日数件連続でかけていたので、
数をこなしていくうちに
なんとなく慣れていました。

 

こういったことは、
特にだれかに教わったわけでないので
経験しながら失敗しながら、
学んでいった感じですね。

 

あと、私はもともと電話交渉は
きらいではないんですよね^^
(英語は話せませんが)

 

たしかに、緊張するときもありますが、
その緊張感もなんかいいですし、電話口で即決で
「20万円」「30万円!」と
取引を決めていく感じに、
なんとなく酔っていたのかもしれません(笑)

 

もともと子供の頃の夢が
海外の人とビジネスをする社長
になることでしたので、
それも関係しているのかもしれません^^

 

最後は、
「Thank you!」と元気よくあいさつして
相手を笑わせるのも、

私の一つのお約束パターンです。
あいさつも大事ですよね。

 

思い返してみると、
輸入をはじめたころは、
Amazon.comから
ゲーム1枚を仕入れるのも
だいぶ考えながら仕入れていました。

 

私のようなものでも、
ぶつかりながら行動しているうちに、
経験も積めますし、
いつの間にか慣れてきたんでしょうね。

 

とういうわけで、
ちょっと長くなってしまいましたが、
電話交渉についてのお話でした。
参考になれば幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
「まずは、やってみよう」という気持ちもよいですね。

 

おかげさまでランキングもあがってきました。ありがとうございます^^





 - 交渉