輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

おもちゃの箱が潰れて届いたときは。

   

 

こんばんは。

 

早いもので来月は
もうクリスマスシーズンですね。

 

子供の頃は
クリスマスシーズンになると
やっぱり楽しみでした。

 

サンタクロースのがくるのを
楽しみして
どんなおもちゃがもらえるか
ワクワクしていました。

 

ですが、あるとき
父親が夜中に私の枕元に
おもちゃを置いているのに
気づいてしまいました。

 

その瞬間、
何が起きているのが
事態を把握することができました。

 

サンタクロースについて
理解した瞬間です。

 

かなりショックだったんですが、
起きて、それを言ってしまうと
せっかく私を喜ばせようとしている
父親が悲しむだろうと思って、
そのまま寝たフリをしました。

 

そして、朝起きてみると
おもちゃが置いてありました。

 

でも、私がほしかったものと
まったく種類が違っていたんですよね。

 

 

ショック倍増です。

 

 

ですが、それを父親に言ってしまうと、
私が気づいたことが
父親に分かってしまうので、
それを言うのもがまんしました。

 

せっかく買ってもらったんだから、
そのおもちゃを
大事にすることにしました。

 

なんか、懐かしいですね。
今となっては、それもよい思い出ですね。

 

 

さてさて、
これから、クリスマスシーズンに向けて
おもちゃを仕入れている方も
多いですよね。

 

クリスマス前にはおもちゃや
ギフト系の商品はよく売れますので、
それを売っていくのは
この時期おススメのやりかたです。

 

それでなんですが、
中には初めて輸入に挑戦している
方もいらっしゃるかと思います。

 

そうすると、アメリカからMyUS経由で
届いたおもちゃが
箱が凹んでいたり、傷がついていたり
することもありますよね。

 

これって、最初のうちは
けっこう凹みますよね。

 

日本のお店から商品を買って、
箱が潰れていることって
ほとんどないですよね。

 

ですが、アメリカのショップや
MyUSではよくあることです。

 

なので、最初はビックリして
カルチャーショックを受けるかもしれません。

 

ですが、これは輸入をしていたら
仕方のないことです。

 

もちろん、ひどい場合は
MyUSやセラーに写真を送って
連絡することも必要です。

 

でも、あんまりこういったことに
とらわれすぎてしまうと
時間がもったいないというのあります。

 

商品は一つしかないわけではないので、
全体で利益を出していく感覚が大事なんですよね。

 

たとえば、100個かったら
そのうちの2、3個が傷がついていても
トータルで利益を出していく
という考えです。

 

一つに固執するのではなく、
他に変わりの商品もあるので
次に切り替えていくという感じですね。

 

傷がついていたりするものの、
出品については、
自分がそれを買ったとしたら
どう思うかで判断した方が良いです。

 

自分がそれを受けとったときに、
「新品とは言えないなー」
と思うときは、
中古で中身は新品ということで
出品するとよいです。

 

とにかく、あまり一つ一つのことで、
一喜一憂してしまうと
時間も気持ち的にももったいないので、
全体で利益を出すという
イメージを持っておくとよいですよ^^

 

そして、
失敗やうまく行かなかったことも
ぜんぶ経験ですので、
あとで自分に返ってきますよね。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
心のこもったプレゼントは、他には変えられないものです。

 

↓こちらもプレゼントのクリックをよろしくお願いします^^





 - 輸入ビジネス