在庫の話と価格の話。

 

こんばんは。

 

以前に、物販仲間の方と
飲みに行ったときに
その方が映画の話を
されていたんですよね。
名前はHさんとします。

 

それが、だいぶ昔の映画で
「七人の侍」
という映画の話だったんですよね。

 

それで、その中の登場人物で
勘兵衛(かんべえ)」という侍が
でてくるのですが、そのキャラクターが
私になんとなく似ているので

ぜひ見てほしいと言われたんですよね。

 

どうやら、人の性格をみたり
戦略を立てたりするのが
私に似ているところが
あるそうなんですよね。

 

なので絶対見てくださいと
合計4回くらい強く言われたんですね。

 

そう言われると
なんか気になるじゃないですか。

 

それで、レンタルショップに
行ったのですが、

昔の映画なので
なかなか置いてないんですよね。

 

なんでこんなに昔の映画を
探しているのか自分でも謎だったのですが、
こうなったら半分意地みたいなもので、
ようやく見つけて、
この前見てみたんですよね。

 

それで、昔の映画で白黒だったのですが
たしかになかなか面白かったんですよね。

 

さすが巨匠
黒澤明監督の作品です。

 

内容は、
こまっている農家の人たちの戦いを

七人の侍たちが助っ人として助けて、
最後はその戦いに勝つ
というようなストーリーです。

 

(すみません、説明が下手なので
ほとんど分からないかと思います。)

 

あまり時代劇のようなものには
縁がないのですが
Hさんからの、このような話の流れで
この映画を見ることになったんですよね。

 

映画の中では侍たちが
馬に乗ったりして
勇敢に戦うわけですよね。

 

もともと映画も詳しくないですし、
特にこういった戦い物を
見るのは珍しいんですよね。

 

なので、その侍たちがとても
印象的でした。

 

でも、冷静になって考えてみると
そんなに強く薦められるほど

私は侍の道を
目指してはいないんですよね。

(もちろん私には無理ですが。)

 

それで、
巨匠の作品を見た後の
ほんとちょうど
次の日のことなんですが、
ポストに

 

 

乗馬クラブから

 

 

 

乗馬試乗会チケット
(レッスン料無料 要予約)

 

 

が入っていたんですよね。
※保険料200円が必要です。

 

 

 

こんな無料チケットは
生まれてはじめてみたのですが、
それよりも、

 

 

このタイミングですか!

 

 

いやいやいやー
本格的に

そっちの方に持っていくの
やめてほしいんですよね。

 

今日も中身のない話で
ほんとすみません。

 

 

さてさて、
年末になってきましたが
この時期になってくると
商品の価格調整もけっこう
大事になってきますよね。

 

在庫が多い商品はいいのですが、
在庫が少ない商品は売り切れる可能性もあります。

 

そして、他の出品者が
在庫が切れるとそのあと
需要と供給の関係で
値段が上がることも多いです。

 

なので、売れ行きがよくて、
在庫が少ない商品については
他の出品者の在庫状況や
在庫変動状況を見て
高値で待つというのも一つの方法です。

 

安く仕入れるのも大事ですが、
高く売るのも大切ですからね。

 

特にこの時期になると
全体的に商品の回転も速くなるので
在庫が数個あっても
一気に在庫切れになることもあります。

 

それをリピートして
また売ろうとしてもタイミング的に
当然この時期には間に合わないので
残りの商品で少しでも利益を伸ばす
というテクニックも大事ですよね。

 

あまり在庫が少なくなりすぎると、
1月になると逆に
売るものがなくなってしまう
というパターンもあります。

 

在庫が少ない状況は
キャッシュフロー的には
悪くないのですが
今度は機会損失ということになって
これも損になってしまいます。

 

本来得られる利益を
得られていないのということですね。

 

ですので、基本的なことになりますが
売上も大事ですが、在庫状況や価格調整も
まめにチェックしておくことを
おススメします。
一応輸入のお話でした。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
なぜ人気が出たのかを考えるのは、もうクセみたいなものです。

 

↓それ、無料だし行くべきですよと思う方はクリックをどうぞ(複雑)

 ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録