商品一つ一つの利益について。

 

こんばんは。

 

冬季オリンピックが盛り上がっていますねー

 

普段テレビは、ほとんど見ないのですが、
こういったときだけ
たまに見たりします。
(たんなるミーハーなだけです。)

 

オリンピックの競技種目にも
いろいろありますよねー

 

そこで
「もし、自分が出場できるとしたら

どの競技がいいか」について
勝手に妄想してみました。

 

 

たとえば、ジャンプ。

 

 

いやーーー
これは、ないですねーーーー!

 

あんな高いところから滑り降りて
さらにジャンプするなんでこわすぎます。
まさに、空中を飛んでいる感じですよね。

 

 

次に、モーグル。

 

 

ないです、ないです。

 

あんなすごいスピードで
滑り降りるのも
すごくないですか。

 

しかも凸凹を足で上手に吸収しながら
滑っていきますよね。
私がしたら、最初の凸のところで
転倒間違いなしです。

 

 

ほかには、ショートトラック。

 

 

これもないですねーーー!

 

あんな速いスピードで
トラックを回っていたら
確実に目が回りそうです。

 

私がしたら、目が回って
コースも分からなくなって
自分が何周したかも分からなくなります。
何もかも分からない状態です。

 

 

最後に、カーリング。

 

 

ん??

 

 

これ、よさそうじゃないですか。

 

 

安全そうだし、
スピードも速くないですよね。

 

でも、よく考えたら
カーリングって、
待ち時間のときが

 

 

めっちゃ
寒そうじゃないですか。

 

 

体を動かないので、
ぜったい寒いですよね。

 

どっちかといったら
動きのある
「掃き手」の方がよさそうです。

 

でも結局、
寒がりなのでこれも難しそうです。

(ほんと、ヘタレです。)

 

 

 

さてさて、
久しぶりに
今日は数字についてです。

 

輸入ビジネスは物販ビジネスです。

 

当たり前ですが、
物販なので物を扱います。

 

物をいくらで仕入れて、
いくらで売れるか
これを一つ一つ管理しておく
必要がありますよね。

 

それと、
その物を仕入れるのに
いくらかかったかも
管理しておく必要があります。

 

それで数字管理というと
難しく考えすぎる方が
多いのですが
そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

 

どちらかというと、
コミュニケーション能力の高い女性の方に
数字が苦手という方が多い気がします。

 

個人の物販なので
覚えることは多くはないです。

 

大企業の決算や発表資料のように
細かい数字や
管理数値を出す必要はありません。

 

大事なところだけを
おさえておけば大丈夫です。

 

まず大切なのは、
商品ごとにその商品が利益が出たのか、
出ていないのか。

 

それにかかった費用はいくらだったのか。

 

例えば、八百屋さんが
ダイコンを仕入れたとします。

 

分かりやすいように
1本100円で仕入れたとします。

 

そして、
1本200円で売ったとしますよね。

 

利益が100円です。

 

これに経費が掛かりますよね。

 

このダイコンを10本を
市場に仕入れにいくのに
ガソリン代が500円

かかったとします。

 

1本あたりのガソリン代は
50円になりますよね。

 

ということは、
さっきのダイコンの計算でいくと

売値200円-仕入れ値100円-ガソリン代50円
=利益50円

 

となりますよね。

 

このガソリン代を考えておかないと
利益が出ていたつもりでも
出ていない可能性もあります。

 

こういった仕入れや販売に
関する間接経費は
仕入れのときにあらかじめ
見込んでおく必要があります。

 

輸入でいくと
関税・消費税・収税、
MyUSの転送料金、
国内送料、プラットフォームの手数料
などになります。

 

これを仕入れのときに
見込んでおいて、
利益が出る商品を仕入れます。

 

そして、売れたときも
実際にそのような経費を
きちんと入れてみて

利益が出たかどうかを確認します。

 

そして、
想定していた利益よりも

上がったときはその理由を。

 

想定していた利益よりも
下がったときは
その理由を考えます。

 

利益が継続して見込める場合は
リピート仕入れをします。

 

まずは、
この繰り返しです。

 

これは数字の基本的なお話しなのですが、
我流でしていると意外と
できていない方もいらっしゃいます。

 

これができていないと、
利益が出ているつもりが
ほんとは出ていないかもしれません。

 

そうなると、やればやるほど
お金が減っていくということも
考えられます。

 

というわけで、
リサーチの手法よりも

まずは基本が大事ですので、
数字の管理は
しっかりとしていきましょうね^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ジャンプを選んだ人は、ジェットコースターが楽しい人です。

 

↓おかげさまでこちらもキープ中です。ありがとうございます^^

 ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録