輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

すでに利益が出ているショップからの仕入。

      2018/03/22

 

こんばんは。

 

読者の方から
最近よく

「ラーメンネタの続編を聞かせてほしい」

と言われるんですよね。

 

これ、
完全な

「ナイスフリ」

じゃないですか。

 

このフリにのってしまって
調子にのってまた
ラーメンネタをしてしまうと
またラーメンの威を借りてしまう
わけじゃないですか。

 

(今日初めてブログに来られた方は
何の話か全く分からないと思いますが
ほんとすみません。)

 

ラーメンの威力は
もう十分に分かっているつもりですが
これ以上ラーメン一人に
頼るわけにはいきません。

 

本当は
先日の「なごみラーメン」の話とか
だいぶしたいのですが、
ここはグッとがまんしておきます。

 

透き通ったスープの話とかしたいところですが、、
(自粛)

 

 

 

さてさて、
頂いたご質問にお答えしていきます。

 

「リサーチしていて、あるネットショップで
利益の出る商品を見つけました。
すでに利益はでているのですが
さらに値下げ交渉をした方が良いですか?」

 

との内容です。

 

なるほどですねー

 

これは、
いい内容のご質問ですよね^^

 

もともと交渉する前から
ネットショップの価格で利益が
出ているというのは

リサーチがうまくいっているということです。

 

一般的に小売り仕入れの単純転売の場合、
Amazon.comよりも
eBay仕入れの方が、
eBay仕入れよりもネットショップ仕入れの方が
よい商品が見つかれば利益が出やすい傾向にあります。

 

これは、単純に
仕入れやすいところ、見つけやすいところから
みんなが仕入れようとするので
ちょっとでも「面倒さ」が加われば
利益も出やすくなるということですね。

 

それでなのですが
交渉においてもこういった
すでに利益の出ている商品についても
さらに値下げ交渉をした方が良いですね。

 

そして、直接取引できるようになって
10%でも引いてもらえれば
利益率はさらに高くなります。

 

また、一度直接取引をすれば
その実績をアピールして
さらに次回の取引のときに
交渉できます。

 

たとえば、
最初の取引で10個仕入れたとします。

 

次に、2回目の取引のときに
「30個買うのでもっと安くしてもらえますか?」
といった交渉ができます。

 

また、これとは別に
このネットショップで
売られている価格が
セール価格だったとします。

 

そうすると、
いずれこの商品が
値上がりする可能性がありますよね。

 

この場合も、直接取引していれば
一般の販売価格が値上がりしたときも

「前回の価格でもう一度仕入れたい
その代わり継続的に仕入れます。」

といった交渉もできます。

 

「安くしてもらう」のではなく、
「高くしないようにする」という
逆パターンのテクニックですね。

 

こういった交渉もできますので、
できるだけ直接取引できるところは
増やしておくとあとで
その関係がご自分の資産になります。

 

というわけで、
リサーチしたときにすでに
利益の出ているショップからの
仕入についてでした。

参考になれば幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
よく来てくれるお客さんには、サービスをしたくなるものです。

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^





 - 交渉, 輸入ビジネス