輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

輸入ビジネスの交渉をするメリットについて。その3

   

 

こんばんは。

 

読者の方から
ご感想をいただきました。

 

 

「昨日のブログも最高でした。
思わず吹き出してしまいました。
おかげで、しばらくバリウム検査に
いけそうにないです。」

 

 

ありがとうございます!?

 

このバリウム検査の話が
なぜか意外にも反響がよくて
「とても良かった」との
いろいろなご感想をいただきました。
(輸入のブログなんですけどね。。)

 

 

あと、病院の話だったのでひそかに
伝説の患者である
「しげおさん」の復活を
期待される方も
いらっしゃいましたが、
「涙の感動の再会」
は惜しくも果たされませんでした。

 

そういえば、最近
「あのキャラクターが好きなので
続きをやってください。」
みたいなご要望が多いんですよね。

 

普通のブログって
こんなに
ご要望ってありますかね??

 

しかも輸入のネタのご要望は
一つもないんですよね。

 

方向性がどんどん違う方に
行っている気がしますが、
大丈夫でしょうか??

 

「バリウム検査の話を
連載でしばらく続けてほしい」
というリクエストもいただきましたが

 

 

 

リクエストのハードルが高すぎます。

 

 

 

バリウム検査の話も
続きがあるのはあるのですが、

このままだと完全に病院のブログに
なってしまいますので、
この辺でやめておきます。

 

 

さてさて、
輸入ビジネスの
交渉をするメリットについて
続きをお話しさせてください。

 

今日はちょっと変化をつけて
違う方向のお話をさせてください。

 

交渉するメリットについてですが、

「転送会社を使わなくてもよい」

というものがあります。

 

え??
と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、

これも地味にメリットになります。

 

転送会社を使うのは
アメリカの場合、
MyUSを使う方が多いですよね。

 

私も今では
ほとんど転送会社を
使うことがないのですが、

アメリカの場合は、
昔からMyUSを
使っています。

 

他の会社も使ったことがありますが、
料金や輸入するまでのスピードを考えると
やっぱりMyUSになってしまいます。

 

それでなんですが、
このMyUSを
つかなくてもよいというのが

メリットなんですよね。

 

勘の良い方は
この時点で
お分かりになるかと思います。

 

そうなんですよねー

 

MyUSを使うと
商品が凹んだり、傷がついていたり
ということがたまにありますよね。

 

いろんな商品をまとめて転送しますし、
なによりMyUSの箱詰め作業が
あまりにも
アメリカン
なところがありますので、

 

ときには
物理的なダメージも
精神的なダメージも
大きいときがあります。

 

それに比べて
交渉でまとめて仕入れるようになると
それだけ物量も増えるので
転送よりも直送の方が
料金も安くなることがあります。

 

この場合、
もちろん直送しますよね。

 

そうなると
メーカーや自分の取引先の
会社がきれいに梱包してくれるので
商品の状態もよくなります。

 

また、いろんな商品が混ざるのではなく
同じ種類の商品が無駄なスペースがなく、
きちんと梱包されますので

商品が箱の中で動かなくて済むため、
それによっても商品の状態もよくなります。

 

ヨーロッパの場合は、
小売り仕入れでも直送なのですが、
それでも卸で同じ種類の商品をを
仕入れるため
やはり商品の状態はよくなります。

 

たまにメーカー仕入れでも
梱包がアメリカンなところがありますが、
その場合は、
きちんと担当者に依頼すれば
状況も改善されていきます。

 

MyUSのあの悩みから
解放されるのは意外と大きいですよ。

 

というわけで、
輸入ビジネスの
交渉をするメリットの
変化球編でした。

 

まだメリットの続きは
お話しできますが、

ご興味はありますでしょうか。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
それでもMyUSは、とてもすばらしいサービスです。

 

↓続きにご興味がある方は下のボタンをクリックしてもらえると、
今後の参考にします。





 - 交渉, 輸入ビジネス