輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

不良品の対応についてと、かかる時間。

   

 

こんばんは。

 

暑い日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか。

 

今年は部屋に
エアコンがついています。

 

いやあーーありがたいですねーー

 

なので、好評だった扇風機ネタも
ついに今年から卒業です。

 

(扇風機は、あるのはあるのですが
エアコンがあると
ネタにはならなくなりました。)

 

エアコン、ただただありがたいです。

 

経験者なので語りますが、
あまりに暑くなると
部屋の中でも熱中症になる可能性が
ありますので、十分ご注意ください。

 

独立した当初は
なんども危ない橋を渡りました。

 

 

だいぶ、ほろ苦い思い出であります。

 

 

 

さてさて、
これは特に初級コンサルティングの
受講者の方からのご質問で多いのですが、
不良品の対応についてですね。

 

海外から輸入したときに
商品が傷がついていたり
箱が凹んでいたり
違うものが届いたり
ということがあります。

 

これは日本のお店で買うときは
あまり考えにくいのですが

輸入ビジネスではよくあることです。

 

途中で転送会社を
使うというのもありますし、

海外からの輸送中に
傷がついてしまう
ということもあります。

 

また、海外の
もともとの文化として

箱に多少傷がついていても
気にしないという
感じもあります。

 

これはよくあることなので
一つ一つにあまり反応しすぎて
落ち込んだり、気にしすぎたり
しない方が良いですよね。

 

「100個買っていたら
 1個、2個はこんなことが
あるのは当たり前のことだ」

というぐらいの気持ちでよいです。
(実際はもっとあるかもですが。)

 

そして、この不良品の場合、
海外に返品しようとしても
日本に輸入していますので
返送料にもお金がかかりますよね。

 

アメリカ国内からであれば
まだ返品も受け付けてもらえますが、
日本に転送したのはこちらの都合なので
返品の国際送料まで相手が見てくれる可能性は
少ないです。

 

なので、対応としては
セラーに対して

商品代金の返金や、
一部返金などを

交渉するという形になります。

 

MyUSなどの転送会社経由の場合で
それが転送会社の原因であれば、
補償してもらえないか
申告することもできます。

 

たしかにこういったやり方もありますが、
金額が少ない場合は、
あまりこういったやり取りに
時間をとられるのももったいない
という考えもあります。

 

たとえば、極端な話
この返金の処理に
1時間かかったとします。

商品代金は1000円とします。

 

でも、それをしないで
リサーチしていれば
その1時間で利益の出る商品を

5000円分
見つけられるかもしれませんよね。

 

このように考えると
手続きに時間を取られるよりも
箱が傷ついていたりする商品は
さっさとヤフオクやAmazonで中古で販売して
切り替えて、次に進んだ方がよさそうですよね。

 

なので、あまり一つ一つの小さなことに
固執するのではなくて、
自分の時給も考えて
大きな目線で物事を考えるのも
大事ですよね。

 

物販は全体で利益を出せばよいので
小さなことは気にしないで
「全体で利益をだせばいい」
という気持ちも大切です。

 

というわけで、
ちょっとした不良品や傷で

「いつもガッカリしてしまう」
という方は参考になれば幸いです。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ガッカリしている時間も、時計の針は進んでいきます。

 

↓キープ中です。いつもクリック、ありがとうございます!^^





 - 輸入ビジネス