交渉で商品代金を支払った後のポイント。

こんばんは。

かなり個人的な
話なのですが、
サラダ巻きってあるじゃないですか。

コンビニなどでも
良く売っているやつですね。

あれがけっこう好きなんですよね。

それで、
サラダ巻きだけのおかずとして
何か欲しいときって
何が食べたいですか??

・・・

(めちゃめちゃどうでも良い質問なので
くれぐれも真剣に考えないでください。)

個人的は

からあげ

ですね。

サラダ巻きに対しては

からあげ最強説

ですね。

ポテトチップとコーラのような
相性抜群の組み合わせです。

ただ、この話は
だいぶマニアックなので
分かってもらえる方は
ほぼいないと思います。

もしだれかお一人でも
分かるという方がいらっしゃったら
ぜひコメントお待ちしております。

(いないでしょうねー)

さてさて、
輸入ビジネスの交渉をして
取引先との交渉がうまくいったとします。

それで、
支払いを行いますので、
基本的にPayPalで行います。

それで特に初回の取引なんですが、

支払った後にそれを相手に連絡する

ということです。

PayPalでの支払い通知は
相手にもいくと思いますが、
それ以外にも自分から
メールで「支払いました」と
という連絡をするということですね。

そして、このときに
「支払ったので、商品を送ってください。
支払った後はトラッキングナンバーを
教えてください。」
といっておくとよいです。

なぜかというと
日本ではあまりないケースなのですが、
海外との取引の場合、
商品を送り忘れてしまう
という場合もあるんですよね。

また、商品を送るのが
数日後になってしまう
ということもあります。

たまに、数日経ったあとに
「商品は送りましたが?」
と尋ねると「はい、今日送りました」
と言われることが多いです。

数日たっているのに
「はい、今日送りました」
と言われることが多いんですよね。

これ、私の心の中では
忘れてましたよね??
と言いたいところなのですが
あまり問い詰めても意味がないので
それ以上は聞かないようにしています。

なので、
こういう風にならないように
事前にすぐ送ってもらって
そしてトラッキングナンバーを
教えてもらうということですね。

とトラッキングナンバーさえ
報告してもらえば
商品を送ってもらった
ということは分かりますので
安心できますよね。

なので、相手先の忘れ防止のためにも
このように支払ったあとは
支払い連絡をするというのが
やっておくのはおススメです。

商品が届かないと
それだけ回転率も悪くなりますし、
キャッシュフローも悪くなります。

また、期間が経つと
値下がりのリスクなども
考えられますので
できるだけ商品は早めに受け取る
というのは意識しておくよいですね。

というわけで、
交渉で商品代金を支払った後のポイント
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
おおらかな、まじめ、陽気、その国々の特徴があります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録