輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

MyUSの転送のタイミングについて。

      2016/10/15

 

こんばんは。

 

転送会社の転送のタイミングについて
ご質問がありましたので、
ちょっとお話させてください。

 

基本的な話になりますが、
いただいた質問は、本人にお答えして、
それをどんどん
記事に
していくことにしました。

 

質問をされる方が
いらっしゃるということは、

ほかにも疑問に思っている方も
いるかもしれませんからね^^

 

ご質問はとてもシンプルなもので、
「いつ転送をかけてよいか分からない」
ということでした。

 

私は取引先から直送で
仕入れることが多いのですが、
小売り仕入れの場合は、
MyUSを使っています。

 

MyUSに限らず、基本的に転送会社は、
荷物の量が多くなればなるほど、
1キロあたりの値段が安くなる傾向があります。

 

かんたんにいうと
ボリュームディスカウントですね。

 

なので、ある程度荷物がたまってから、
転送を掛けた方が良いです。

 

できれば、20キロくらいは
溜まっていた方が良いのですが、
初心者の方は、なかなか荷物が
溜まらないかもしれません。

 

そのときは、仕入れてから販売するまでの
スピードも大切なので、
時間がかかるようであれば、

10キロくらい溜まっていれば
転送をかけた方が良いですね。

 

大切なのは、
一度転送をかけはじめたら、
荷物をためて転送をかけるまでの
時間を意識することです。

 

長い時間倉庫に預けておくと、
機会損失にもなりますし、
値下がりの可能性もあります。
キャッシュフロー的にもよくないですね。

 

当たり前の話ですが、
物販は、
お金を商品に変えて仕入れをし、
商品を販売してお金に変わります。

 

商品が動かないと、
販売することもできません。

 

ですので、
いったん仕入れをはじめたら、

荷物を早く溜めて、
テンポよく転送することを
意識するとよいですね。

 

参考になれば幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ちょっと外に出てみたら、外も暑かったです。夏ですね。

 

 

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!





 - 輸入ビジネス