輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

輸入ビジネスの利益率について。

      2016/10/15

 

こんばんは。

 

輸入ビジネスに限らず、
物販ビジネスにおいては、
利益率って大事ですよね。

 

特に、仕入をして
在庫を持つビジネスの場合、
仕入れの額と、利益率の
関係も大事になってきます。

 

例えばの話ですが、

月の仕入れ額が、200万円だっとします。
このとき、売れたときの投下資本利益率が
25%だったとしますよね。
簡単にお話すると、
200万円×25%=50万円の利益になります。

 

ここで、利益を上げようとして、
仕入を250万円にしたとします。

 

この場合、同じ利益率をキープできれば
いいのですが、
もし仕入れ額をあげたいがために、
仕入れのときの基準を下げてしまったとします。

 

そうすると、仕入れのときの基準が下げってしまうと、
やっぱり販売したときの利益率も下がってきますよね。

 

そうなると、例えばの話ですが、
もし利益率が20%に下がってしまったとします。

 

月の仕入れ額が、250万円。
このとき、売れたときの投下資本利益率が
20%だったとしますよね。
250万円×20%=50万円の利益になります。

 

ちょっと極端な例をしましたが、
さっきの利益と同じになってしまいますよね。

 

こうなると、
「あれ?? 忙しくなったけど、
もしかして、
利益が増えてないのでは??」

となってしまいますよね。

 

ですので、いつもお話していることですが、
仕入額を増やすときも、
自分なりのルールを作って、
その基準を守っていくことが大事なりますよね。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ルールを守るって、簡単そうでむずかしいですよね。

 

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!





 - 輸入ビジネス