輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

商品数や在庫量について。

      2018/02/15

 

こんばんは。

 

ここ最近、
いつもと比べると

暖かい気がします。

 

私だけですかね。

 

こんなことを言っていると、
とたんに一気に寒くなるので、
油断大敵ですね。

 

 

さてさて、
輸入ビジネスは、
あたりまえの話ですが、
物販ビジネスですよね。

 

そうすると、
どうしても
数値の管理というものが、

大事なってきます。

 

いろんな方とお話ししていると、
利益の出る商品を扱っているんだけど、
思うように、資金が増えなかったり、
利益が出なかったり、
という方もいます。

 

そういう方は、
詳しくお話しを聞いてみると、
数値の管理に
重きをおいていない方が

多いようです。

 

「商品が売れて、
利益が出てていれば、
それでいいですよね」

 

といった感じです。

 

まあ、それはそうなんですが、
それは基本として、
全体の数値の管理って、
ほんと大事なんですよね。

 

そういう方に、例えば

 

「今の商品数はどれくらいですか?」

とか

「商品の平均単価はいくらくらいですか?」

とか

「今の在庫量っていくらぐらいですか?」

 

といったことをお尋ねすると、
答えに困られることが多いようです。

 

日頃の数字が分かっていないと、
現在の数字が、
普段に比べて高いのか、
普段に比べて低いのか
も分かりにくいですよね。

 

例えば、
体重計に乗って、体重を量って、
「これって、
太ったのかなー
やせたのかなー」
といった具合です。

 

基本的な数字が分かることで、
戦略的なものにもつながりますし、
利益、物量、作業量といった
いろんなものにもかかわってきます。

 

私も細かく完璧にできているか
と言われたら、

ハイとは言い切れないのですが、
基本的な数字はいつも気にしています。

 

数字管理というと、
地味なイメージがあるかもしれませんが、
意外と大事なところなんですよね。

 

利益が出ていると思うだけど、
「なんかおかしいなー」
というときは、
数字のことも、
気にかけてみるとよいですよ。

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
お正月で体重が少し増えていました。そういうことです。

 

↓応援のクリック、ありがとうございます。





 - 数字管理, 輸入ビジネス