輸入ビジネスの旅

-現在進行形の実践ブログ-日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。 夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

*

売上高利益率と、投下資本利益率について。

      2018/02/15

 

こんばんは。

 

輸入ビジネスは、
物販ビジネスです。

 

通常、物販ビジネスの場合
利益率は、
売上高利益率で管理しますよね。

 

私も売上高利益率は管理していますが、
もうひとつ

 

投下資本利益率

 

という数字でも管理しています。

 

これは、簡単に言うと、
自分が投資した資本で、
どれぐらいの利益が出せたを
みることができるんですよね。

 

ROIとも言われており、
株式投資などでは、
よくみる数字ですね。

 

なぜこのような数字で管理しているか
なんですが、
物販で仕入れた資金に対して、
どれくらい利益が出せたかをみているんです。

 

これが分かるようになると、
仕入れの段階で、仕入れた資金で
どれくらいの利益が出せるかを
ある程度見込めることができます。

 

仕入れの段階で、パッと利益が
頭の中で計算できるので、
分かりやすいんですよね。

 

たとえば、簡単に言うと、
仕入れが100万円、
売上が130万円だったとします。
そうすると利益が30万円になりますよね。

 

利益30万円÷仕入100万円で、
投下資本利益率30%と
となります。

 

同じ利益率がキープできれば、
200万円仕入れたら、利益が60万円
300万円仕入れたら、利益が90万円
と大まかに計算できますよね。

 

売上高利益率だけでも
管理はできますが、
慣れてくれると、両方の数字を意識すると
予想が立てやすくなります。

 

基本的な話で申し訳ないですが、
自分が実践している方法なので、
何かの参考になれば幸いです^^

 

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
数字って、見る角度によって、奥が深いですね。

 

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!





 - 数字管理, 輸入ビジネス