輸入ビジネスで、いつも見ている数字について。

こんばんは。

昨日の続きのお話をさせてください。
要領が良くないので、
この辺のお話をすると、
どうしても長くなってしまうんですよね。

なので、連投でいかせてください^^

数字について、
私が毎日見ているのは、
ざっくりいいますと。

その日に売れた商品の
・売れた個数(各販路ごと)
・売上
・利益率
・利益
・販売までにかかった期間
などです。

そして、毎月見ているのは、
・売上
・売れた個数
・仕入れ(予想利益、予想利益率、リピート仕入率)
・利益率
・利益
・在庫量
・滞留在庫の状況
・回収率
・各種経費
・資金状況(入金、出金の予定も含む)
などです。

ほかにも、見た方が良いのも
あるのかもしれませんが。

利益率は、
売上高利益率と投下資本利益率を見ています。
この辺も話すと長くなりそうなので、
また今度にしますね^^

昨日お話したのは、
この中の在庫量になりますね。

毎月、仕入の額と、在庫の量を見ていたら、
今の自分の在庫量が
どのような状況か
分かってきますよね。

いつも体重計にのっていたら、
今の自分がいつもより、
体重が多いのか、少ないのか
分かってきますよね^^

まあ、そんな感じですね。

あとは、在庫量をみて、
仕入れた資金を
どれくらいの期間で回収したのかも
みてみるといいですね。

たとえば、100万円仕入れて、
その100万円をどれくらいの期間で
回収したのかとうことですね。
それが、キャッシュフローにも
つながってきますよね。

こうやって見ると、
数字の一つ一つが
つながっているような気がしますね。

数字管理は地味な作業ですが、
数字を見て次につなげていくと、
こういった地味な作業も
将来につながってきますので、
大切ですよね。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
そういてば、最近体重計が壊れています。忘れていました。

応援のクリックをしてもらえると、ほんとうれしいです!

 ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録