欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

相手の国を調べやすい電話番号の見方について。

こんばんは。

飛行機に長い時間のって
若干時差ぼけ
になっているようです。

眠いのか眠くないのかもわかりませんし、
ご飯も朝食なのか、夕食なのかも
分かりません。

さてさて、
代理店系のリサーチや
メーカー仕入れのリサーチをするときの話です。

よさそうな商品を見つけて
それを販売している海外のメーカーの
サイトを見つけたとします。

そして、そこからコンタクトを
とっていきますよね。

そのときに、住所も書いていない場合
どこの国のメーカーなのか
分からないことがあります。

たいていの場合、電話番号が書いてあるので
そこをみれば、どこの国の番号かが
分かります。

番号の一覧は、国際電話番号一覧などで
検索すると出てきます。

ちなみに、日本は81になっています。

イギリスだと44になっています。

このように、最初に書いてある番号で
ほとんどの場合判別できます。

欧米輸入を中心にしていると
アメリカ、カナダ、ヨーロッパがメインになってくると思いますので
慣れてくると番号も頭に入ってきます。

なので、住所がわからないときは
このようにして調べてみるとよいですよ。

参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
日本の地域も、電話番号で分けられていますね。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録