交渉メールのメールアドレスについて。

こんばんは。

読者の方から
とても素敵な
ご感想をいただきました。

「家族もうどん好きなので、
丸亀製麺はけっこうお世話になっています。

私は夏でも「温かけうどん並」
でレジ横に鎮座している「いなり」を1個。

お会計後にきざみネギをたっぷり乗せ、
真ん中にすりおろしショウガもたっぷり。

最後に出汁をなみなみに注いで
美味しくいただいています。
いなりは醤油系の出汁と抜群な相性ですよね。」

ありがとうございます!

これは、
ものすごいご感想ですね。

「温かけうどん並」と「いなり」
の良さを最大限に引き出されています。

ネギとショウガをたっぷりのせて、
出汁を並々ですかー

いやー、通ですねーー

「温かけうどん並」が
めっちゃ食べたくなるじゃないですかー

いやーー、まいりました。

すばらしいご感想、
ありがとうございます。

(注:輸入のブログです。
今日はじめて来られた方は
ビックリさせてしまい、
ほんとすみません。)

さてさて、
輸入ビジネスの海外の取引先と
交渉するときについてです。

コンタクトをとるときは、
メールか電話でコンタクトをとりますよね。

一般的にはメールで連絡するときが多いです。

それでなのですが、
メールで連絡するときの
メールアドレスについてです。

これは、Gmailや
Yahoo!メールなどの
フリーメールではなく、
独自ドメインのメールアドレスで
送ることをおススメします。

独自ドメインのメールアドレスとは、
たとえば、
会社名や屋号が「ABC」
というものだっとすると

info@abc.com

といった自分独自の
アドレスのことです。

たとえば、
「お名前メール」や
「ムームーメール」
などのサービスでも
取得することができます。

こうすることで
メールを受け取った相手先からすると
ちゃんとした会社から
メールが届いたという
安心感が出てきますよね。

これは、
逆に自分がメールを受け取った
ときのことを考えてみると
お分かりになるかと思います。

フリーメールでメールがくるよりも、
独自ドメインのちゃんとした
アドレスからメールが届いた方が
安心感がありますよね。

なので、
自分が送るときにも
このようなメールアドレスで
送った方が返信率が高くなります。

実際に
コンサルティングの受講者の方でも
独自ドメインにしたことろ
「返信率が倍以上にになりました」
というご報告をいただくこともあります。

そして
独自ドメインを取得したら、
念のため、それをメールの署名にも
入れるようにします。

署名のところに
会社名や連絡先などの
情報を載せることで
きちんとした会社という
印象がでますよね。

というわけで、
交渉メールを送るときの
メールアドレスについてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
トッピングもメールも、けっこう見た目も大事です。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録