欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

営業経験者が交渉がうまくいきやすい理由。

こんばんは。

コンサル受講者の方と
話していたら
以前ブログでも話しましたが、
親知らずの
話になったんですよね。

その方は、親知らずを
上の歯2本をすでに抜いていて、
下の歯1本を先日抜き、
今回、下の歯のこり1本を抜いたそうです。

 

完璧な、抜き方です。

 

おかげで親知らずについての
知識がかなりついたそうです。

たしかに、
4回も同じことをやっていたら
さすがにそうなりますよね。

でも、すべて全部の親知らずを抜いてしまったので
今後はもう自分ではこの知識を使うこともなく
そのため、私に親知らずについての知識を
惜しげもく教えてくださいました。
ありがたいです。

私はたしか
上の歯に
虫歯になりかけている親知らずが
一本あったと記憶しています。

「親知らず研究家」の話によると、
上の歯はそこまで抜くのも
痛くないそうですね。

今度歯医者に行ってみてもらいます。

さてさて、
輸入ビジネスの交渉についての
コンサルティングをもう長いこと
させてもらっています。

それで、交渉がうまくいきやすい方の
特徴としてはいろいろとあるのですが、
その中に

昔または今も営業職をしている
というものがあります。

これって、営業職なので
やっぱりセールストークがうまいというのも
あると思うんですよね。

でも、ほとんどの方が
英語が話せないので
そればっかりじゃないんですよね。

私が思う、こういった営業経験者の
方がうまくいきやすい理由として

断られることを気にしていない

ということがあると思っています。

聞いてみると営業職で、
なんども繰り返し営業を行って断られながらも、
それを続けているとうまくいくことがある
ということなんですよね。

凹まないで数をこなして入れば
それだけうまくいく確率も上がりますからね。

交渉も同じで
2、3件のメーカーや卸先に交渉したからと言って
簡単にうまくいくものではないんですよね。

やっぱり最初は数げいこで
いろんな会社にアプローチして
断られながらも、反応がよいところを
さらに交渉して取引していくというのが
流れととしてはスムーズなんですよね。

なので、断られたり
返事がこないからといって
いちいち凹まないで
数をこなすという気持ちも
大切にしてほしいんですよね。

返事が来ないのは
もともとメールが届いていなかったり
迷惑フォルダーに行っている可能性もありますからね。

というわけで、
営業経験者が交渉がうまくいきやすい理由
についてでした。
考え方としての参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
数をこなすことで、自然についてくる知識もあります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録