欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

メーカーにメールを送っても返事が来ないときについて。

こんばんは。

世の中は
シルバーウィークですね。

独立してからは
どんどん曜日の感覚が
なくなってきています。

月曜日が祝日のときも
海外の会社は普通に平日なので
仕事的には関係がなかったりします。

でも、最近は
商品登録のパートナーさんや
デザイナーさんが土日祝日お休み
という方がいらっしゃるので
休みの感覚が出てきました。

やっぱり休みときと
働くときはメリハリが
あった方が良いですね。

さてさて
いただいたご質問にお答えしていきます。

「海外の会社でどうしてもコンタクトを取りたいところがあります。
メールを送っても返事が来ない場合は、
一度商品を買ってみて、アプローチするのもありでしょうか?」

とのご質問です。

おーー、実践的で具体的なご質問ですねー
しかも内容もすばらしいですねー

これは、言われるとおり
メールを送っても返事が来ない場合は、
一度商品を購入してから連絡するという方法も
よいです。

電話番号が分からないところも
一度商品を買ってみると
インボイスなどに電話番号のっているときがあります。

そこに電話することもできますよね。

また、購入した後に相手からお礼のメールなどが届けば
そこからコンタクトを取る方法がでてくるかもしれません。

このようにして、
「これはコンタクトを取りたい」
というメーカーやショップがあれば
カンタンにあきらめないで、
自分なりの工夫をしてみることが大切です。

メールもダメ、電話もダメなら、
FacebookなどのSNSから連絡をすることも
できるかもしれません。

ライブチャットのような問合せするところからなら、
返事が来るかもしれません。

このように自分が連絡を取りたいところがあれば
いろいろと考えることでアイデアもわいてきますよね。

これ、お話ししていて思い出したのですが
私の場合、現地のパートナーさんにその国の
実店舗に行ってもらって、
コンタクトをとったことがありました。

もしかしたら、ここまでする人は
あまりいないかもしれませんね。

ほかにもコンタクトを取る方法は
いろいろとありますが、
全部お話ししてしまうと
せっかくの考える機会がなくなってしまいますので
この辺にしておきますね^^

ぜひご自分でも、考えてみましょうね。

というわけで、
メーカーにメールを送っても
返事が来ないときについて
でした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
あきらめないで頑張っていると、たまにいいこともあります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録