欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

代理店ビジネスのリサーチでの競合の強さについて。

こんばんは。

どうでもよいですが、
うちの犬の話の続きです。

犬がすきな遊びがボールを投げて
それをとってくるという
シンプルな遊びです。

それで、ボールをとってきたら
頭をヨシヨシして
おやつをあげるのですが
ちょっと気になることが浮かんだんですよね。

これって、ボール遊びが好きなのではなくて
単におやつがほしいだけではないだろうか?

という説です。

もし、おやつ目的だと
ちょっと悲しい気がします。

それで、今度はおやつなしで
何度かボール投げをしてみたのですが
なんと
おやつなしでも喜んで遊んでくれました。

ホッとしました。

何から何まで、食べ物のことしか
考えていなかったらどうしようと思っていました。
一安心です。

たまに、おやつをはさむようにします。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「代理店系で独占販売権が取れる商品を
リサーチしています。Amazonや楽天で
継続的に売れる商品を探しています。
このとき競合の強さが強いかどうかは
どう考えるとよいでしょうか?」

とのご質問です。

これは、だいぶ高度なご質問ですね。

代理店ビジネスで独占販売権を
とって、その後も一般販売で
継続的に販売していくような商品の
リサーチです。

このような場合は
まずは市場をチェックしますが、
そのあとに競合もチェックします。

このときの競合の強さについての
ご質問です。

チェックするところはいろいろあります。

たとえば、
Amazonや楽天で
「iPhoneケース」や
「ワイヤレスイヤホン」
といったキーワードで検索してみてください。

ものすごい強そうな
競合が出てきます。

これは市場も大きくて
需要も大きいため、
それだけ供給する人たちも
多くなります。

うまくいけば、それだけリターンも
大きくなるので
それを狙った供給者の多くなります。

このようなキーワードで
検索すると
強いセラーがどのような
セラーか分かります。

商品の写真のクオリティ
商品ページのクオリティ
LPの作りこみ方
レビューの量
レビューの高評価の度合い

一つ一つが
質が高く勉強になります。

Amazonだけではなくて、
楽天やYahoo!ショッピングの
LPも確認します。

もっと探求心があれば
実際に購入してみるのも
おススメです。

コピーの長さやリズム。
ペルソナの設定の仕方。
コンテンツの構成。
権威付け、売れ行き感の出し方。
すべてが考えて作られています。

(一つ一つのお話しをしだすと、
長くなりますので、また別の機会に
お話ししますね。)

まずはこういった
強い市場を見て
目を肥やしていくとよいです。

その後、ニッチなキーワードを見てみます。

そうすると
説明文が商品のスペックしかなかったり
レビューが少なかったり
クオリティの良くない写真があったり
商品本体だけがのったバナーであったり。

こういったことが
分かるようになります。

さっき目を肥やした状態であれば
すぐに分かります。

インスタントラーメンしか食べていなかった人が
評判のラーメン屋を一度味わうと
その違いが分かるようになります。
簡単に言うとそんな感じです。
(簡単に言いすぎですかね。。)

というわけで、
競合の強さが分からないということであれば、
まずは上手なセラーを見て、
目を肥やしてみるとよいですよ。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
一流を知ったり体験すれば、おのずと違いも見えてきます。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^