欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

海外電話交渉でのパートナーさんの勤務時間について。

こんばんは。

最近、お話しした方によく
言われることがあるんですが、

「ラッコさんは、印象も
話したときもフワフワして
柔らかい感じがするんですが、
どこかに自分の中に芯があると思います」

といったことです。

ここ最近、女性が多かった気がするのですが
3人、4人連続くらいで言われたので
なんかあったのかなー
思いました。

これは、
ほめ言葉として
受け取ってよいのでしょうか。

パスタに例えると

アルデンテ

の状態でしょうか。

ちょっと中心に
何か残っている
状態ですね。

アルデンテのパスタは
好きなので
それに例えられると(自分で例えていますが)
ちょっとうれしいですね。

その前に
カタカナ文字が苦手なので

アルデンテ

を使うときに
間違っていないか
ヒヤヒヤしていますからね。

アルデンテで
間違いないか

一度


Google先生で調べて

確認していますからね。

 

カタカナ文字はほんとに苦手です。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「海外のメーカーやショップに電話してくれる
パートナーさんを募集しようと思っています。
この場合、勤務時間はどのように書けばよいでしょうか?」

とのご質問です。

これはですねー
欧米輸入の場合、
アメリカ・カナダと
ヨーロッパとに大きく分かれます。

そして、勤務時間のことを考えると
アメリカの方と
ヨーロッパの方で
別に分けて考えたほうが良いです。

これは、時差に違いがあるからですね。

ざっくりいうと
アメリカの場合は、日本時間でいえば
深夜から早朝にかけてが
現地時間になります。
(アメリカ内でもだいぶ時差がありますが)

ヨーロッパの方は、夕方から深夜にかけてが
現地時間になります。

なので、現地時間で
会社があいている時間
朝の9時から17時くらいで
時間が取れる方にお願いするとよいです。

アメリカの場合
日本時間と反対になってしまうので
日本在住の主婦の方だと
厳しい傾向があります。

ヨーロッパの場合は、
夕方から時間が取れる方であれば
日本に在住でも大丈夫です。

できれば、どちらも
現地に在住の方の方が
時差がなくてすむのでおすすめです。

理想は、アメリカの方と
ヨーロッパの方と別々にパートナーさんが
いるのが理想ですね。

私の場合は、
アメリカ、ヨーロッパ、日本、台湾に
それぞれパートナーさんがいて
最近はちょっと増えたのでスポットの方も合わせると、
6、7人くらいになると思います。

なので、ここら辺は
臨機応変にその国や
地域に合わせてパートナーさんに
お願いするとよいですね。

というわけで、
海外電話交渉でのパートナーさんの勤務時間
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
いろんな国とつながっていられるのは、不思議でありがたいことです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^