欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

代理店ビジネスのリサーチで、海外Amazonのレビューの基準。

こんばんは。

うちの犬の話なのですが
ご飯の前にめっちゃ
テンションが上がるんですよね。

普段はいつも
寝てばかりいるのですが
ご飯の前だけは
テンションが上がって
活動的になります。

運動をして
そのあとご飯を食べるというのは
とても健康的です。

これを無意識レベルで
やっているのかもしれません。

単純に食いしん坊なだけの気もします。

あと、ご飯の前は
口を開けて、若干笑っているように見えます。

笑う犬です。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「独占販売権を獲得して
日本で代理店として販売したい商品があります。
ですが、海外のAmazonのレビューを見ると
評価1が10%程度あります。
この場合は、あつわないほうが良いでしょうか?」

というご質問です。

これは、具体的で素晴らしいご質問ですねー

そうですねー

商品のジャンルによっても変わってきますが、
評価1が10%となるとちょっと多いですよね。

10%となると、
10個売れたら、1個がクレームになる可能性がある。

100個売れたら、10個がクレームになる可能性がある。

ということですからね。
これは結構大変です。

評価1はできれば5%以下の商品を
探したいところですね。

また、日本で販売したときに
レビューが悪いと
それを見たお客さんが購入意欲が減ってしまうので
さらにデメリットになります。
悪循環になってしまいます。

この場合、念のため海外Amazonの
悪いレビューの中身もチェックします。

悪いレビューの中身が
たとえば、「配送遅れ」と
いったものであれば、
日本で販売したときは
改善できます。

商品自体のレビューでなければ
よいですね。

ここをチェックしていきます。

また、この商品が
古くから売られていて、
悪いレビューが昔のレビューばかりで
最近のレビューが良いレビューばかりであれば
これもチャンスの可能性があります。

(これ、自分でお話ししながら思ったんですが、
かなり実践的な内容を話していますね。
私の普段のリサーチ方法をそのまま
何も隠さずそのままお話ししています。)

なので、レビューの中身を
このようにチェックします。

逆に、
良いレビュー評価5が
70%以上くらいあれば
けっこう良い商品と言えます。

このようにレビューが良い商品は
日本で販売してもよいレビューがつきやすいので、
そのレビューを見たお客さんの
購入意欲が高まりますので、これは好循環になります。

レビューについては
このように考えています。

これは、どこかにのっている情報ではなくて、
私が長年リサーチをしてきて、
販売をしてきて自分で考えている基準です。
あくまでも参考にしてくださいね。

ですが、けっこう実践的な話なので
センスの良い方であれば
今日の話だけでも代理店系の
リサーチの精度はずいぶん上がると思います。

というわけで、
代理店商品のリサーチにおける海外Amazonのレビューの基準
についてでした。
欧米輸入の総代理店系のビジネス、代理店系のビジネスの
リサーチにおいて参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
自分が買い物をするときも、レビューは気になるものです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^