欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

ビジネスを長期的に続けていく上での一つのヒント。

こんばんは。

このブログも
おかげさまで
もう長いこと続けているのですが、
読者の方からよく言われることがあるんですよね。

内容としては
「ラッコさんのブログは、ビジネスをしている人のわりに
ギラギラしていないところが親しみがわきます」
といったことなんですよね。

あ、ありがとうございます。
これは良い意味と受け取って
いいんですよね。

ギラギラしているとか、いないとか
ガツガツしているとか、いないとか
自分でもよくわかっていないのですが
まあある意味
自然体ということなのでしょうか。

たしかに、一般的な会社によくあるような
「目標、今年度年商●●億円!必達!」
みたいなノリは、全然ないんですよね。。

まー、
個人規模で
自由にビジネスをさせてもらっていますし
従業員もいなくて
好きなことを、好きなときに、好きにやっているだけですからね。

最近はおかげさまで、売上も伸びてきていて
それももちろん大事ですが、
どのような内容で、
どのように利益を出していくかも
大事と思っています。

仕事が好きとか、仕事が楽しいとかいうと
変に思われるので
あんまり言わないですが
「生まれ変わっても今の仕事がしたいなー」
とか思っています。

こんな力の抜けたブログに
いつも遊びに来てくださいまして
本当にありがとうございます。

さてさて、
この話の流れなので
せっかくなので今日は
私のビジネスに対する考え方を
お話しさせてください。

あくまでもこれは
私の考えなので
これが誰に対しても正しい考えとはもちろん
思っていません。

もっと言うと、
これは自分の考えなので
正しいと思われても、思われなくても
それもどちらでもよいと思っています。

あくまでも参考にお話しさせてください。

よくビジネスをしていると
いろんな悩みや、決断すべきことが
でてきますよね。

中には、
判断に迷うことや
グレーなことに思えることもあります。

たとえば、
Amazon販売であれば
タイトルに正規品とも並行輸入品
とも書いていないところに
並行輸入品を出品したり。

こういったことは
Amazonの規約違反なのですが
出品しようと思えば
できてしまうことです。

他の人もしているんだから
自分もやってもいいだろうと
思うこともあるかもしれません。

こういうときに
判断の一つとして

お客さまのことを考える

ということもあります。

それをしたことで
お客さまが喜んでもらえるかどうかを
考えるということですね。

ビジネスは
お客さまにサービスを提供して
その対価として
お金をもらうことです。

なので、お客さまに
どれだけサービスを提供できたか
が逆に言えば大事になってきます。

モノレートの動きはどうか。
価格差はどうか。
競合セラーはどうか。

競合セラーはどんなものを売っているのか。
値下げしてくるのか、そうでないのか。
為替はどうか。関税はどうか。
FBAの納品は大型商品なのか。

たしかに、
こういったことも考えるのも大事です。

ですが、
上の例に挙げたことに
お客さまは
出てきましたでしょうか?

一度もでてきていませんよね。

さきほどもお話ししましたが、
ビジネスは
お客さまに提供したサービスで決まってきます。

このことは
みなさん、よくわかっているのですが、
頭では理解していても
実際の自分の行動となると
たまに忘れがちになってしまうこともあります。

そういうときこそ、
お客さまの顔を考えて
喜ぶところを考えて
行動の基準にしていくのも
よいですよね。

もちろん、私もできていないことが多いので
いつも意識するようにしています。

迷ったときほど、
原点に。

ものすごく当たり前に
聞こえてしまうかもしれませんが、
今日の話だけでも
センスの良い方は
ピンと来てもらえるのかなーと思っています。

これから、
ビジネスを楽しみながら
続けていくためのヒントとして
何か少しでも参考になれば幸いです^^

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
今日のこの記事が、誰か一人でもお役に立てれば。

↓よかったよ!という方はクリックしてもらえると、だいぶ元気が出ます。

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^