欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

海外メーカーへのメール送信に時間がかかるとき。

こんばんは。

いつもいく定食屋さんに
冷やし中華あったのですが、
冷やし中華がなくなって、
冷やし担々麺に変わっていました。

かなり寂しいです。

冷夏なので、
冷やし中華の売れ行きが悪かったのでしょうか。

となると、
余計に冷やし中華が食べたくなります。
これ、お話ししていたらさらに食べたくなります。

さてさて、
いただいたご質問にお答えしていきます。

「海外メーカーとの交渉をしています。
一つのメールを送るのに1時間くらいかかってしまうことがあります。
メーカーのホームページを見たり、同じ商品かを確認したり、
文章をチェックしていたりするとそうなります。
もっと速くするにはどうすればよいでしょうか?」

これはたしかに
時間がかかっていますねー

私の場合、
現在は代理店系の商品しか
探さないのですが、

単純な海外メーカー仕入れの場合や、
卸ネットショップ仕入れの場合は、
とにかくまずは数をこなすことを
意識してました。

リサーチの時点では
しっかりリサーチして見極めます。

これは、土日にすることが多いです。

そして、それの中で
5つのよい商品を見つけたとします。

これについて、
1つの商品について、10件から20件
メールを送ったり、電話をするイメージですね。

FacebookなどのSNSに連絡するときも同じです。

一つのショップに送る時間は、
一つあたり、1分くらいで考えています。

完全にテンプレートだと、
相手としてもそれが分かってしまうので
商品や、相手のショップをを見て
テンプレートの一部を1、2行変えるイメージですね。

そして、反応がよければ
その反応を見ながら
相手の立場になって交渉をしていきます。

最初から、あまり考えていても
そもそも返事がなければ
先に進みませんからね。

いろんなショップにアプローチして
反応がよいところと、交渉していく
というイメージです。

ご質問の内容のように、
相手のメーカーを調べるのも
確かに大事なのですが、
やりすぎると数がこなせません。
(代理店系のアプローチのときは、多少時間をかけてもよいでしょう。)

また、
もともと英文が完璧に正確かどうかも
分からないのに、誤字脱字のチェックに時間を取られるのも
もったいないですよね。

極端な話ですが、
一つぐらいピリオドがなくても、文章が伝わりますからね。

特に最初は
まずは、たくさん数をこなして
経験を積みながら、
反応が良いところ探していく
というイメージでよいですね。

信用調査も、取引が決まってから
お金を払う前に、
調べても問題ないですからね。

というわけで、
海外メーカーへのメール送信に時間がかかるとき
についてでした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
旅行の予定は、旅行が決まってから立てるとよいです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^