欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

楽天販売でSEOを意識した商品ページ作り。

こんばんは。

ここ最近、めちゃくちゃ寒くなってきました。

エアコンを入れているのですが
あまり効いている気がしません。

この気温、
ちょっとペースが早すぎませんかね。

本格的な冬が来るのが
ちょっと心配です。

寒いのはほんと苦手です。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
楽天販売について今日は
情報をシェアしますね。

SEOについてです。

お客さまからキーワードで
検索されたときに
できるだけ自社の商品ページが
ひっかかって表示されたほうが良いわけです。

それで、タイトルや説明文に
商品と関係するキーワードを入れます。

まず、抑えたいキーワードは
必ず「タイトル(商品名)」に入れたほうが良いです。

その商品がボールペンであれば
「ボールペン」
というキーワードですね。

ほかにも例えば、
「多機能」 「0.5」 「黒」
といったキーワードが検索されやすい用語であれば
それはタイトルに入れるようにします。

そのあとは、
ユーザーが検索するキーワードと連動性が高い順番は、
優先順位でいくと下記になるといわれています。

①商品名

②キャッチコピー

③商品説明文

の順ですね。

なので、大事なワードは、
この3つに不自然にならないように
全部入れていきます。

同じ用語を連続で何度も入れてしまうと
文章的にもおかしいですし、
不自然になってしまいます。

あくまでも、自然に
上記の
タイトル、キャッチコピー、
説明分に入れていきます。

キャッチコピーについては、
商品タイトルの上の部分のことですね。

ここもSEO的に効果があるので
忘れがちですが、しっかりと入れていきましょう。

最後に、説明文ですね。

ここにも、文章中に自然にキーワードを入れていくようにしましょう。

せっかく良い商品を、よい値段で
魅力的なページで
販売していたとしても
お客さまが見てくれなければ
売れることはありません。

まずは、SEOを意識して
お客さまがページに来てもらうことを
心がけるのが大事ですよね。

基本的なことですが
商品ページを作るときに
大切なことですので、
参考にしてもらえれば幸いです。

これは、基本的に
Yahoo!ショッピングやネットショップなどでも
同じ考えになります。

というわけで、
楽天販売でSEOを意識した商品ページ作り
についてでした。参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
まずはお店に来てもらってから、ご注文はそのあとです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^