欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon輸入でKeepaで過去の値動きをみるとき。

こんばんは。

普段使っているパソコンの別のパソコンの
メモリーを増設しようとしたら
うまくいきませんでした。

動きません。

なので、もとのメモリーに
戻してみたのですが

動きません。

これって、

壊してしまった

ということですね。。

増設しようとしたら

故障してしまいました。

やはり機械はほんと苦手です。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
いただいたご質問にお答えしていきます。

「欧米輸入ビジネスで
Amazon.com仕入れで、Amazon.jpで販売しています。
Keepaでアラームが来たときに
値段が上がっていたり、下がっていたりするものがあります。
この場合、どのようなことを意識したらよいでしょうか?」

とのご質問です。

この場合、
まずは商品の特徴を見ていきます。

商品によっては
比較的価格が安定して
値動きが少ないものもあれば、

逆に値動きが大きなものもあります。

この商品がどちらかを見極めます。

次に、値段が下がっているときに
よく売れているか
値段が上がっても売れているかをチェックします。

ここで、高い値段でも売れているなら
問題ないですが
安い値段でしか売れていないようならば
それも考慮しましょう。

どの値段なら売れるかの相場を考えます。

そして、現在の仕入れ値で仕入れたときに
販売額の相場でも
利益が出そうなら仕入れていきます。

なので、全部が全部同じではなくて
商品によって特徴がありますので
それに合わせて仕入れていきます。

商品によって
季節商品もありますし、

型番商品であれば
型が古いものもあります。

このようにその商品の特徴を考えていけば
もっと深いリサーチができるようになります。

というわけで、
Amazon輸入でKeepaで過去の値動きをみるときについてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
同じニンジンでも一つ一つ、形も鮮度も違うものです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^