欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

輸入ビジネスで見やすい商品ページのポイント(商品バナー編)

こんばんは。

先日誕生日の話をしていたら
その流れでコンサルティングの
受講者の方と血液型の話になりました。

私はO型なんですよね。

自分の中では
典型的なO型と思っているんですよね。
マイペースですし、
基本的におおざっぱな性格なんですよね。

でも、その方は

「え? てっきり几帳面なA型と思ってしました!
それか、個性的なAB型か、
RHマイナスまで、あるかなと思っていましたー」

とのことだったんですよね。

そ、そんなに個性的ですかね。

自分ではかなりの
どノーマルだと思っているんでよね。

たしかに私の周りには個性的な人が多いのですが、
自分の中では、自分が一番
どノーマルだと思っています。

どノーマルな、
一般的なO型です。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日は商品バナーについてお話しさせてください。

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングでも
商品を販売するときには
商品バナーを作る必要があります。

その中で一つポイントがありまして、

それは、

一つのバナーで一つのことを伝える

というものがあります。

たとえば、
ある知育玩具があったとします。

・ドイツで大人気で売れている
・ドイツの有名デザイナーがデザイン
・角がまるくてかわいらしい
・むずかしいので大人でも楽しめる
・一度クリアしても、またしたくなる
・天然の素材を使用
・加工にも天然の素材を使用
・木の色を生かしたデザイン

という特徴があったとします。

この場合、
グループ分けをするんですよね。

上の例で言えば、

1グループ目は

・天然の素材を使用
・加工にも天然の素材を使用

は素材の話になりますよね。
なのでこの素材の話を1枚のバナーで説明します。

2グループ目は

・ドイツの有名デザイナーがデザイン
・角がまるくてかわいらしい
・木の色を生かしたデザイン

はデザインの話になりますよね。
なのでこのデザインの話を1枚のバナーで説明します。

3グループ目は

・むずかしいので大人でも楽しめる
・一度クリアしても、またしたくなる

はパズルの面白さの話になりますよね。
なのでこの面白さの話を1枚のバナーで説明します。

このように分けていきます。

そしてそれに合う
キャッチコピーや、サブキャッチコピー、
画像や、説明を入れていきます。

しっかりお客さまの利用シーンを考えて
ベネフィット訴求もできればなおよいですね。

そうすると、
お客さまから見て
見やすいバナーになるので
購入にもつながりやすくなります。

自分はその商品のことを詳しいので
なんでもかんでも、まとめて言いたくなりますが、
まずは、一度整理して
グルーピングしてみると分かりやすいですよ。

自分が分かりやすいものは、
お客さまにとっても分かりやすいですからね。

というわけで、
商品ページを見やすくするためのポイント(商品バナー編)
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
このブログも、一日一つのテーマで更新しています。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^