欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazon輸入で便利な、海外Amazonのリンクの貼り方。

こんばんは。

読者の方からの情報です。

「ラッコさん、
スマホに新しい入力補助機能入れました。

そうしたら、『ラッコ』で変換すると
次の文字が簡単に
入力できるようになりました!!

(・(ᴥ)・)(・(ᴥ)・)(・(ᴥ)・)  」

あ、ありがとうございます。

これって、ラッコの顔文字ですよね。。

なんか、見ていて癒されるんですけど。

私もパソコンの単語登録に
『ラッコ』で登録してみました。

そうしたら、『ラッコ』で変換すると
(・(ᴥ)・)が出るようになりました。

いつ使う機会があるかまったくわかりませんが、
もし今後のブログの中で、
万が一にも使うタイミングがあれば、
使っていきたいと思います。

貴重な、マニアックな情報、ありがとうございます。

さてさて、輸入ビジネスの方ですが、
今日はAmazonのリンクの共有について
お話しさせててください。

~欧米輸入で使える「Amazon」のリンクシェアのやり方~

以前の記事で、Amazonのリンクについての
お話をさせてもらいました。

Amazonなどの商品ページのURLを簡単に短くする2つの方法。

やり方としては、
一つは、

https://www.amazon.co.jp/dp/

ASINコードを組み合わせる方法

bitly
https://bitly.com/
を使う方法

の2つでした。

今回は、Amazon.jp以外の国の
リンクを簡単にシェアする方法について
お話しさせてください。

同様のやり方として、
アメリカのAmazonの場合です。
Amazon.comですね。

この場合、
https://www.amazon.com/dp/

ASINコードをくっつけるとよいです。

実際には
https://www.amazon.com/dp/ASINコード

というやりかたになります。
そうすれば、そのリンクをクリックしただけで
商品のページに飛ぶことができます。

次に
イギリスのAmazonの場合です。
Amazon.co.uk ですね。

この場合、
https://www.amazon.co.uk/dp/

ASINコードをくっつけるとよいです。

最後に、
ドイツのAmazonの場合です。
Amazon.de ですね。

この場合、
https://www.amazon.de/dp/

ASINコードをくっつけるとよいです。

以上になります。

ほかの国のAmazonにも
同じやり方でできます。

たとえば、
イギリス、ドイツ、アメリカ
などの単語で
単語登録してみると便利です。

アメリカ
と入力すると
https://www.amazon.com/dp/
がパッとでてくれば、便利ですよね。

このような感じです。

これに、ASINコードを貼りつければ
カンタンにリンクができますし、
シェアすることもできます。

というわけで、
今日は
輸入ビジネスで海外のAmazonの商品ページをシェアする方法
についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
ちなみに、『ラッコ』で変換すると、(・(ᴥ)・)が出てくるようになりました。

(・(ᴥ)・)マークが、ひそかに気に入った方は、クリックをどうぞ↓

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^