欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入で不良在庫がとにかく溜まっているとき。

こんばんは。

先日、コンサルティングの受講者の方と
お話ししていたのですが、
そのときが夕方だったんですよね。

それで、私が
「このコンサルティングが終わったら
ジムに行くところなんですよ」
という話をしたんですよね。

そうしたら、その受講者の方が
「え、そうなんですね!
それは楽しみです。
期待していますね!」
ととても楽しそうに言われました。

ちょっと、それって
なんかおかしくないですか。

私がただジムに行くのが
そんなに楽しみですか。

そもそも、ほかの人がジムに
行くのって、楽しみとか楽しみじゃないとか
ではないですよね。

では、何が楽しみかって
それは

私が鬼教官にしごかれるのが楽しみ

なんじゃないですかね。

もう、このブログをニヤニヤ
しながら、口元ゆるみながら
読まれている時点で
確実にそれが楽しみですよね。

ドSすぎますってー

もうちょっと、
輸入とか物販とか
ほかのことで
楽しみにしてほしいです。

さてさて、

輸入ビジネス

のほうですが、
今日もお話しさせてください。

いただいたご質問にお答えしていきます。

「輸入ビジネスをしていて、
不良在庫が多いのを今まで見ないふりをしてきました。
でも、さすがに放っておけない量になってきました。
どのように処分していけばよいでしょうか?」

とのご質問です。

輸入ビジネスの在庫処分の進め方

なるほどですねー

この場合は、第一ステップとして
まずはどれくらい在庫があるかを
確認します。

在庫金額は、仕入れ値の合計で
計算していきます。

そして、次に第二ステップとして
不良在庫がどのくらいあるかを確認します。

不良在庫の基準は人それぞれです。
3カ月以上のものを滞留在庫にするのか、
6カ月以上のものを滞留在庫にするのか
ご自分の基準で決めて、その数量を出します。

そして、第三ステップとして
不良在庫の多い種類を出していきます。
たとえば、あるぬいぐるみが在庫が50個残っていて
在庫金額が多いのであれば、
そこから重点的にさばいていきます。

その商品ページを改善したり、
広告をかけたり、
ヤフオクなどに出品したり。
在庫が多いものからさばいていくと
効率的です。

在庫が1個しかないものに手をかけるより、
在庫が50個のものに手をかけたほうが、
一回の作業に対する効果が大きいですからね。

なので、どこに狙いをつけるかを
まず決めて
一つ一つ潰していくのがよいですね。

というわけで、
今日は在庫処分の進め方についてでした。
地味な作業ですが、大事なことなので参考にしてもらえれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
苦い作業ほど、記憶に残り、次につながるものです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^