欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入ビジネスのリサーチの量の基準。

こんばんは。

Amazonのお客さまからいただいた
レビュー数ですが、
気が付いたら1000個以上の
レビューが溜まっていました。

ほんとありがたいことです。

これが多いか少ないかは別として
これだけ長く続けてこられたのは
まずはありがたいことですね。

ビジネスがうまくいくかどうかは、
お客さまに喜んでもらえた量
で決まってくると思っているので
これからもコツコツと続けていきます。

それしか、取り柄がないもので(泣)

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
昨日のブログで
1日のノルマについてお話しさせてもらいました。

今日はその基準についてお話ししますね。

欧米輸入ビジネスの基準について

これは、昨日の話の続きにもなります。

ビジネスを継続していくために、
自分なりのノルマを設定したとします。

ですが、そのノルマが多いか少ないかは
自分が決めることではないんですよね。

周りの人の量によって変わってきます。

相対評価ともいいますが、
周りの人との比較によって
変わってくるものです。

たとえば、
欧米輸入のAmazonリサーチを
1日2時間行っていたとします。
本人としてはとてもがんばっていると
しますよね。

でも、周りの人が3時間やっていたら
それは少ないということになってしまいます。

また、本人はしっかり手を動かしているとします。

でも、周りの人が手も動かしながら
自分なりの工夫をしていたら
それだとほかの人に比べて工夫が足りないということになります。

たとえば、
交渉メールを1日に5件送っていたとします。

自分では、しっかりリサーチして
メールを送っていったとします。

自分の中ではがんばっていたとします。

でも、周りの人が1日に10件、20件
と送っていたら、
この自分の数は少ないものになってしまうんですよね。

自分の中ではどんなにがんばっていたとしても、
周りの人がそれ以上に量をこなしていたら
自分の量は少ないということになってしまいます。

きびしい話になってしまいますが、
ビジネスの世界は、
「頑張ったら褒めらえる」
というものではないんですよね。

だれかに、「よくがんばっているね」
と言われて、それで利益が増えるなら
よいのですが、そういうことではないんですよね。

あくまでも、周りの人よりも
頭を使って、行動していくことで
結果につながっていきます。

逆に、それが結果にもつながっていくので
ある意味、シンプルで公平な世界とも
言えますよね。

なので、もしあなたが
今の輸入ビジネスの結果に満足いっていないとしたら
もしかしたら、周りの人と比べると
量や質が足りないのかもしれません。

ご自分が、満足いっていない結果だとしたら
もう少し客観的に見て、
それで足りているか、工夫が足りているかも
確認してみるとよいですね。

(これ、自分で話していて
自分に対しても反省しております。。)

・欧米輸入のリサーチでしっかり頭を使っているか?
・交渉では自分なりの工夫をしているか?
・作業量は足りているか?
・代理店ビジネスで、リサーチは足りているか?

そういうことを
もう一度考えてみると
やるべきことが見えてくるかもしれません。

今日はちょっと自分への
反省も踏まえての
話しになりましたが
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
自分が「がんばっている」とは、なかなか人には言わないものです。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^