欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

欧米輸入ビジネスの商品リサーチ(セラーリサーチの目安)

 

こんばんは。

お歳暮で
大好物のホタテを
いただいて
テンションが激上がりしております。

好きな食べ物の
ベストスリーは


やきとり

そして、
ホタテです。

鍋は食べに行っても
家で食べても一番好きな
料理ですね。

味噌系でも、しょうゆ系でも
どちらでも好きです。

あとは、焼き鳥ですね。
普通のモモも好きですが
レバーや砂肝、とりかわ、
つくねも好きですねー

あとは、ホタテですね。
お刺身でも甘い独特の味が味わえますし、
バター焼きも最高ですね。
天ぷらもおいしいですよね。

なんか、これお話ししていたら
おなかが空いてきました。

あなたの好きな食べ物ベスト3はなんですか?

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日はAmazonのリサーチについて
お話ししますね。

Amazon輸入のセラーリサーチの基準

Amazon輸入ビジネスを
はじめたら
まずはリサーチをします。

それで、リサーチが
上達するには
結局は

たくさんの商品を見る

というのが一番手っ取り早いです。

楽な方法や
効率的な方法
利益が出やすいジャンル
利益が出る商品の簡単な見つけ方

などを探していると
どんどん時間が過ぎていってしまいます。

なので、情報収集もたしかに
大事ではありますが
いざ輸入ビジネスをスタートしたのであれば
そういった楽な方法を探すよりは
泥臭く、商品リサーチの時間を増やした方が早いです。

たとえば、
ゴルフが上達したかったら
練習場に行って実際に練習したり、
コースに出て経験を積んだ方が良いですよね。

それを、毎日本を読んだり
上手になる方法を人に聞いたりして、
実際の練習時が取れていなかったら
やっぱり上達しませんよね。

それと同じようなものです。

じゃあどれくらいを目安にすればよいのか
ということになりますよね。

セラーリサーチで言えば
300人ほどのセラーをチェックすると
なんとなく感覚がつかめてきます。

そして、そのセラーを
かなり良いセラー
良いセラー
普通のセラー
に3つに分けていきます。

かなり良いセラーについては
利益の出る商品が複数見つかったような
セラーです。

このようなセラーは
チェックする甲斐がありますよね。
このようなセラーは
3日に1回や、1週間に1回など
定期的にチェックします。

良いセラー
はたとえば、
1週間から2週間に一度チェックする。
普通のセラーは1カ月に1回チェックする
といったように分類別にチェックする頻度を変えていきます。

また、300人のセラーを一通り
見終わったら、
あともう1週か2週
チェックしてみます。

2週目は、見なくてもよい商品が
1週目よりも増えていることに
実感が出るはずです。

3周目になると、
さらに見なくてもよい商品が
もっと増えているはずです。

単に、利益の出ない商品を覚えてきた
というのもありますし、
感覚的に「このジャンルはむずかしいだろうな」
というものが分かってくるというのもあります。

なので、
まとめますと
セラーリサーチの目安として
300人のセラーを3周チェックすると
まずはよいですね。

「リサーチしてもなかなか
商品が見つかりません」
という方は、単純に
見ている数が少ないだけの可能性があります。

最初は焦る気持ちは分かりますが、
楽な方法や、効率的な方法を探すのではなく
地道にコツコツとしていった方が
早道ということが多いです。

というわけで、
セラーリサーチの目安についてでした。
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
時間をかけて得たスキルは、時間が経っても忘れないものです。

 

 

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

 

 

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^