欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

海外メーカーにアプローチする場合のパターン。

こんばんは。

コンサルティングの
教材を整理していたら
とんでもない量になっていることに気付きました。

初級
中級
上級

の教材と、それぞれの特典を含めると
1500ページ近くになりそうです。

これにさらにこれまでの
セミナーの資料もあるので膨大な量です。

コンサルティングをはじめてから
約7年。

われながら継続の力なりです。

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日は交渉メールの送信の仕方について
お話させてください。

輸入ビジネスの交渉でのパターン

先日のお話で
欧米輸入ビジネスの交渉で
海外メーカーやショップにアプローチするときに、
月300件のメール送信が
基準になるというお話をしました。

このやり方なのですが、
いろいろなパターンがあります。

パターン1
→100種類を3つのショップ

パターン2
→10種類を30個のショップ

どちらでも300通をクリアできます。

これは、ご自分の性格にもよります。

たとえば、いろんな商品を
広くアプローチがしたい場合は
パターン1の方。

また、一方で探究心が多い方で
一つずつ深堀りしていくほうが好きな方は
パターン2の方。

このようにご自分にあったやり方で
やっていくのもよいです。

ちなみに、私はパターン2の方で
狙った商品を取り引きが先が見つかるまで
アプローチするタイプです。

こういった考え方をすると
自分にあった交渉スタイルが見つかりますので
参考にしてもらえると幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
自分にあった方法を見つけるのも、大事な仕事です。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^