欧米を中心とした輸入ビジネスで日々の「成功したこと」「失敗談」「お役立ち情報?」などをけっこうそのまま書いています。夢はビジネスをしながら世界を旅すること。

Amazonからの調査に関する催促の電話について。

こんばんは。

今日はクリスマスイブですね。
明日はクリスマスです。

当たり前ですが
今の時間は、今しか過ごせないものです。
よいクリスマスをお過ごしくださいね。

いつもブログを読んでくださって
ありがとうございます♪

さてさて、
輸入ビジネスの方ですが
今日はAmazonから電話についてシェアさせてください。

Amazonからの調査に関する電話

コンサル受講者の方からの情報なのですが、
ある並行輸入品を海外から仕入れて、
Amazon.jpで販売していたんですよね。

その後、Amazonから調査が来て
それに対する返事を保留していたら、
Amazonの方から対応についての催促の電話がありました。

これは、今まで聞かなかったケースです。

メールでまずはメッセージが来て、
それに対する対応をしてくださいといった催促の電話でした。

メールの内容としては、

1,私はポリシーを理解しており、違反について認識しています。
このオプションを選択して、今回の違反が出品情報や残りの在庫、アカウントに及ぼす影響についての確認に進みます。

2,私はポリシーを理解しており、ポリシーへの遵守を確認するために提出する証拠や書類を持っています。

を選べる形になります。

また、Amazonのアカウントスペシャリストに電話を行うこともできます。

今回は、Amazonアカウントスペシャリストに電話をして相談したあとに、
1を選択肢たところ、無事に終わることができました。
アカウントも通常どおりで営業中です。

このようなケースもありましたので
シェアしておきますね。

とにかく、まずはきちんとルールを守って運営してくのが大事ですね。
こういったケースがあると、勉強になることも多いですからね。

ルールについては、Amazon出品大学が勉強になります。

というわけで、今日はAmazonからの調査についての情報共有でした。
こういった対応はあくまでも自己責任にはなりますが、
参考になれば幸いです。

ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
今だからできる勉強、今だからできる経験があります。

↓応援のクリックが、更新のはげみになります^^

ブログランキングへ



↓メルマガ登録はこちらから^^
メルマガのご登録


シェアしてもらえるとうれしいです^^